20080531170137.jpg

本日はリッツカールトンでカフェ(´-ω-`)
*素敵なデザートと素敵なサービス、音楽で大満足ですニコニコ



私が学生時代に学んだこと、


『感性を磨くためには、常にいいモノに触れること』

20080224120815.jpg 20080524120901.jpg
20070329225528.jpg


そのおかげでお家のインテリアは
デザイン性の高い家具で満載ですにひひ


そして休日は美術館やインテリアショップ、
最新の場所に出向いています。




自分自身の心・感性を成長したいのであれば、
良いモノに出会い、良いモノに触れなくてはいけません。


感性を良くするのも悪くするのも
用は自分次第。



感性はクリエイター・デザイナーに必要なだけでなく、
ビジネスマンにも必要なものだと自分は思っています。


もっと広い世界を見て、
良いモノに出会いたいです。




AD

最新に触れる

昨日東京ミッドタウンに行ってきました。












東京ミッドタウン内の公園は

まるでセントラルパークのような快適さ。

(芝生に入れないのが残念)




安藤忠雄の20_20design center



最新のインテリア家電ありーの

好きな系統の雑貨がありーの

美術館がありーの

手ごろなランチがありーの

建築デザインも素敵ーの


東京ミッドタウンに恋しましたラブラブ





東京は

日本の世界の情報やデザインの最先端。


その場所で

いかに最新のものに触れることも重要だが、


何を自分に捉え

何が自分にとって必要か


そして何を考えるかがさらに重要である。



触れるだけではダメだ。


触れたことだけに喜びを感じてはダメだ。



人間は考える葦であり、


考えることによりその価値が見出される。



考えることが必要だ。




でもまずは

最新に触れること。



アンテナを広げ視野を広げ、

考えよう。






光の教会


今日は朝から

安藤忠雄建築『光の教会』を見に茨木市へ。



日曜ということで

礼拝にも参加。



教会に来るのは

スペイン以来。




やはりキリストの本場ヨーロッパと

日本の厳粛さは違う。




スペインで

感じた鳥肌が立つような空気はなかった。



やはり文化と人の違いか。


ヨーロッパと日本の文化は大きく違う。


それを創った人も大きく違う。


仕方が無いことか。




なんといっても、


十字架から差し込む

光の美は申し分ない。



ずっとこの光を見て、

光の暖かさと神秘さを感じる。




光が差す教会といえば

ル・コルビジェのロンシャン教会↓




死ぬまでには訪れたい場所である。




関西にはまだまだ様々な建築物がある。



京都を出るまでに

いっぱい色んな建築を見に行こう。




ブログスキン

かなりのハイペースで研究が進んでいます。


予定以上です(・ω・)/



余裕があったので

CSSで少しブログスキンを変えてみました(・∀・)



2つ変更点。





トップデザインを変えましたо(ж>▽<)y ☆



各ブログ記事の横に

Amebaアイコン付けてみました( ̄▽+ ̄*)





初めてCSSを触ったけど、

以外に簡単で


おもしろい(・∀・)



藤田社長のスキンに負けないようなスキンを

少しづつ作っていこうと思います。




美術館建築が好き。



美術館に行っても作品を見るより

建物を見ている時間のが長い。




美術館は神聖な場所である。



美術家、画家、芸術家の作品は

魂が宿る。



その魂を貯蔵する美術館は

神聖なる聖域な場所である。



時と場所を越え、

様々な芸術家の魂が見れる。



その魂で埋め尽くされた

美術館は独特の空気を生み、


その空間を現実というものから切り離し、

異空間へ誘う。

そんな美術館は

教会建築と同等の近代・現代建築最高作品。



建築家の魂と、

芸術家の魂が交錯する美術館。




最も世界中で

芸術性の高い建築物。




だから、

世界中の有名な美術館には行きたい。




今行きたい美術館↓

グッゲンハイム美術館(byフランクロイドライト)






ニューヨーク近代建築(byエドワード・D・ストーンとフィリップ・L・グッドウィン)