学校を建てる

テーマ:
14歳からの商い/渡邉 美樹
¥1,470
Amazon.co.jp


『学校を建てたい。』



一つの自分の目標。



好きな言葉に

『大人が変われば、子供が変わる。
子供が変われば、未来が変わる』


色々な国に行ってわかったが
日本の子供は元気がない。

何だか未来の日本が心配だ。


何だかかんだで
日本という国が大好きなのだ。


日本をもっと元気に。


そのためには元気な
子供が育つような学校を建てたい。


そのためにはまずは
自分がもっと成長をしなくてはかお



AD

1歳から100歳の夢

テーマ:

今日は就職先の迷いも消え、

新しい本を買ってカフェでランチをしようと計画しました☆



そしてこれ↓

日本ドリームプロジェクト
1歳から100歳の夢


題名の通り

1歳から100歳まで各一人づつ夢を語っています。



夢はいくつになっても語れます。



夢を語る姿は

いくつになっても輝いています。




こんな疑問も沸いてきます。



夢のない人はどうするの?



夢ってどう見つけるの?




就職活動でも

夢について聞かれ、困る人もいるかもしれません。



すごくかっこいいこと言わなくてはならないような感じにもなります。



でも夢ってすごくシンプルなものでいいと思う。



ただ好きなことややりたいこと、

目指す姿などを

笑顔で楽しそうに語れたらそれが夢なんだと思う。



この本を読んでいると少し笑みがいっしょに出ますよニコニコ




AD

東京タワーと青空

テーマ:

誕生日の朝は

少し遅めに目覚める。



10時くらい。




東京に来る前に行きたいところがあった。



それは


東京タワー




リリー・フランキー
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~


この本を読み終わった後から無性に行きたかった。



なので、

次の予定まで時間は無かったが、


早く着替えて

ホテルのコンシェルジュに行き方を聞いて

東京タワーへ。



駅を降りて見えたのは


東京タワーと青い空。






さすが太陽の子ルイの誕生日。


雲ひとつ無い快晴。



そんな青空と東京タワーを見ながら、


「あのオカンはどこでこの東京タワー見てたんだろう?」


そんなことを思いながら、

東京タワーに向かって歩き出す。



なんかパリでエッフェル塔を目指して歩いた時 みたい。



道はわからないが、

ただひたすら吸い寄せられるように東京タワーへ。





そして、長い坂を登ると、





何か懐かしい・・・



中学の修学旅行の自由行動の待ち合わせ場所。



リリーさんを思うより

中学の頃を思う。



東京タワーに行って

リリーさんと同じ気持ちにはなれない。


僕は中学の修学旅行の頃を思い出す。



それでもいいじゃないか。



人それぞれ。



建物や場所は時代を超えて

何かを僕たちに与えてくれる。



僕は中学の思い出を。





実は中学の頃、

東京タワーに登ったことがない。



リリーさんはオカンの没後。



僕は・・・




東京で働くことになってから登ることにしよう。



東京タワーに登ったリリーさんは

東京の街をこう描いている。



ボクにはこの街全体、

この東京の風景すべてが巨大な霊園に見えた。

ひしめき合って立ち並ぶ長方形のビル群全体は

一つ一つが小さな墓石に見える。

その大小があっても、ここからはたいした区別がない。

遥か地平線の向こうまで広大に広がる巨大な霊園。

この街に憧れ、それぞれの故郷から胸をときめかせやってきた人々。

この街は、そんな人々の夢、希望、悔しさ、悲しみを眠らせる、

大きな墓場かもしれない。

僕の夢と希望が墓場に行かないように、

大きな夢をこの東京タワーで宣言したい。



AD

小さい頃の夢・・・

テーマ:

mika-mikaさん のトラバです。



幼稚園の時。

「バイオマン」→その時代のゴレンジャーみたいなヒーローものです。



小学生の時。

「お笑い芸人」→小3の時ダウンタウンの影響で、人を笑わせる、楽しませることに目覚め

将来芸人になってダウンタウンと共演して、「ありがとう、あなたたちのおかげでこんな人間になれました」っていたかったです。



中学生の時。

「芸能人」→お笑いは難しい。だから芸能人っていう安易なもの。

ダウンタウンと共演の夢はまだ続く。



高校生の時。

「K-1ファイター」→アンディ・フグ、破壊王ノリタカというまんがに影響され空手を始める。

現在でも、K-1中量級の世界一になりたいと秘かに思う。

「インテリアプランナー」→これまた中居主演のドラマの岸谷ごろうのインテリアプランナー役を見て憧れる。

これが今の大学進学にのちのち影響する。




そして現在の夢。

「有名になること」


これは、小さい頃からの夢の数々の根源がこれだと気づいたから。


そしてもう一つ


「世界で一番、社員が楽しく,社員全員が会社のことが大好きな会社を創ること」


最近の僕の周りの環境、藤田社長の本、ビジョナリーカンパニーという本の読んだことから

夢になりました。


楽しいとは、

ふざけるとかじゃなく

笑ったり、泣いたり、怒ったり、怒られたり、

喜怒哀楽の激しい会社であるが、

社員全員が胸を張って

この会社で働いていて楽しく幸せですと言って欲しいし、

自分も言いたい☆



著者: 藤田 晋
タイトル: 渋谷ではたらく社長の告白

著者: ジェームズ・C. コリンズ, ジェリー・I. ポラス, James C. Collins, Jerry I. Porras, 山岡 洋一
タイトル: ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

何十年後カフェ開店

テーマ:

アメブロ企画室「3ヶ月レストラン開店」という企画がスタートした。

その企画に対し藤田社長のコメント

 

アメブロユーザーが集える場所にしましょう。」

僕は一つ、ビジネス界リタイア後目標がある。

それは、

 

南の島でカフェを作る(゚∀゚)ノ

なぜカフェか?


僕はそれまで自分の夢

「有名になる」を叶えるため

色々な人に出会い、

色々な人が僕を知る。


そんな人が僕に会いに来てくれて

他愛も無い話しをしたい。


学生時代の友だち

仕事の知りが合い

後輩

など様々な人が集い

楽しくしゃべるスペースほしい。



なぜ南の島??


東京などの場所では

店の近くに寄ったから

来店しましたという人はいるだろう。


そうではなく

わざわざ遠いところから

僕に会いに来てくれる人だけ

来店しておしゃべりする方が

僕にとっては幸せだ☆


利益はまったく求めない。



島に住む子供たちが

毎日学校帰りによって

「rui61のおじさん^^」

「rui61のおじいちゃん^^」

と呼ばれるように、

島の人にとっても

愛されるカフェを作りたい。



名前はもう決まっている。

僕の実家の飲食店の名前。

僕は実家を継がない。

だから、

これが自分の親孝行のつもりだ。

 

夢があるから。

テーマ:
昨日は「夢と目標」というテーマでブログを書いたが、
今日も“夢”について書きます。

僕の夢は

「有名になること」



これをバイト先でお客さんに言ったら、
「最近の若い子らしいわ。あはははは。」
と笑われた。

そう言われてもしかたがない。
それだけこの夢を持っている人は多いことは確かだ。

だが、その中に「有名になる」ために
どれだけがんばっている人がいるのだろうか。

僕の座右の銘は

「有言実行。」



口先だけではなく、実際に「有名になる」ために
様々な目標と努力を重ねている。

そのテーマが

「広い世界を見るのだ」




「有名になる」ために「広い世界を見る」
様々な経験を積み、様々な人と出会うことで自分自身が成長する。
そして、様々な人と出会ったことで、自分がさらに「有名になる」
さらに、様々な人と出会うことで、自分が成長する。


なぜ自分自身を成長させたいのか、
なぜ有名になりたいのか。


それは・・・、






自分が大好きだから




なぜ好きか。
それは・・・、



rui61がよくわからなく興味のある人間だから




もっと知りたい。
rui61を知りたい。

人は自分を表す鏡。

様々な人に出会い、自分を知りたい。
その出会いが自分を知るきっかけにもなるし、
自分を成長させる要因になる。


人は僕に様々な影響を与える。


人によって
成長し、

人によって
有名になり、

人によって
自分を知る。

その根本は
自分が好きだから。

夢と目標。

テーマ:

夢と目標は違う。



よく「夢は何ですか?」と聞かれることがあると思う。
その時に

「独立して、企業を立ち上げ社長になりたい!」

「芸能人になりたい。」

「南の島で暮らしたい^^」

「独立して店を持ちたい!!」



など最近耳にした夢の一例です。



しかし、

これは“夢”ではなく“目標”ではないか



本人は“夢”ではなく、“目標”と捉えているかもしれない。

しかし、

言霊という言葉がある。


この“目標”を夢と言い続けることでこの“目標”を“夢”と捉えてしまうのではないか。



夢というのは人生最大の欲求・願望の表れである。



例えば、東大入学が“目標”の学生が合格した場合、合格した瞬間はうれしさで溢れる。しかし、目標達成後は何か、空虚感がよぎることがある。
これが合格が“目標”と捉えている場合、次の目標に向かって心を躍らせることができる。

しかし、これが東大入学が夢と捉えて、合格した場合、うれしさは“目標”と捉えていた場合より大きいかもしれないが、空虚感は大きなことになる。
夢は人生最大の欲求・願望の表れであるため、次の目標や夢を見つけにくい。
その“夢”を達成し、“夢”が無くなった学生は、夢を見つけることがなく、快楽など楽な方向に逃げてしまったり、犯罪に手を染めたりするのだろう。
それが、オウムの人間や、スパーフリーの幹部たちの姿だろう。


夢は叶えるものではなく、追い続けること。



それが人生の楽しみだ。「祭りは準備が楽しい」と呼ばれるものと同じ類だ。

つまり、夢とは抽象的でいい。

「世界平和」
「人の役に立ちたい」
「有名になりたい」



ただ抽象的な“夢”を持つだけではなく、その夢を追い続けるために“目標”を立てるべきだ。
人は中間試験や期末試験などの試験が無い限り、勉強をしない。
抽象的なものを追い続けるためにも具体的な目標が必要だ。

あくまでも例えですが、「成績がよくなりたい」という抽象的な夢に対して、
次の期末テストで偏差値60を取るという具体的な目標を立てる。
その次は偏差値63を取るという目標。授業中に一番発表するという目標。

“夢”という抽象的なゴールを目指すために、“目標”という具体的な中間ポイントを設定する。そうすれば“夢”の道への指針は失わない。




“目標”は“夢”を追い続ける原動力である。



あなたの夢はなんですか?

念願かなった☆

テーマ:
僕が大学入学して以来ほしかったものがある。

一昨日研究室が同じのYが、研究室に入ってきてすぐに、

Y「rui61、これあげる☆」


rui61「マジで!?ええの!?ええの!?やったー!!!!」




そのために一時期一生懸命集めていたことも、
遂に念願叶って手に入れることができました。
あぁ、よみがえる思い出。。。
それは、・・・・・・・・・(泣)























銀のエンジェルヽ( ゚∀゚)ノ"



Yに一枚もらって、5枚揃いました!!!!!
2回生の時、建築製図を書きながら毎日3箱
「チョコボールバナナ味」を食べ続け、2枚ゲット!!
それから、

チョコが食べたくなったらチョコボール☆


お口の恋人チョコボール★



他の2枚も実は友達にもらったんですけどね^^;

てことは、4年間食べ続けて自力でゲットした数は・・・

4年間で2枚(;_;)



たぶん100個くらい食べてるから、
当たる確率は・・・、





2%以下!!



あんまり当たってないなぁ。
でもコレで昇り龍伝説が一つ増えた☆
ジャンル1位にもなれてさらに昇り龍!!
みなさんありがとうございます^^

昇り龍伝説はこちら→http://rui61.ameblo.jp/day-20050105.html
今年の目標だったサイバーエージェントの藤田社長に読者になっていただきました☆
早い目標達成で多少びっくりしています。


今年地元の神社で引いたおみくじは大吉でした。

その内容は

昇り龍の如き1年になる


とのことでした☆

さっそく目標達成ということで今年1年が楽しみになってきました。
他の目標も達成できるようにがんばるぞ!!!!

テレビ出演!!!

テーマ:
今日はなんとテレビ取材を受けた!!!!!!!

インターンシップを行なっている学生ということでテレビの取材を受けた。今日も朝から梅田へ・・・。最近スーツのことの方が多いなぁ・・・。

インターンシップで得たことは?
とか
インターンシップをなぜ始めたか?
を聞かれたが、最後に

インターンシップとバイトの違いは?
と聞かれかなり悩んだ。
何を言ったか覚えていないけど、むちゃくちゃなこと言ったような・・・。

質問は取材前に教えてほしいなぁ(><)

これでちょっと僕も有名になったかと思いきや、
テレビ局はテレビ大阪・・・。