先日の「基本を身につけて表現方法を学ぶ」の講座を受けまし

 

たが、内容は購入したカメラの基本的な操作方法でした。

 

撮影モードにシーンセレクションと言うのがありますが、それに

 

近いクリエイティブスタイルとか色合いを、調整するホワイトバ

 

ランスと言うのを教わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると色を濃くしたり色自体を若干ですが、変える事が出来る

 

のを知って私は少々、違和感を覚えてしまいました。

 

そんなのはカメラではやることではないような?

 

それとインスタで明らかに鮮やか過ぎる、画像の意味をようや

 

く理解したつもりです。

 

私は多趣味でかなり以前に弟の影響で、油絵と水彩にハマっ

 

ていたことが有るのです。

 

だから写真になんかハマらないと思っていたのですが・・出来る

 

なら写真は見た目に近い感じで撮りたいと今は思っています。

 

最もその見た目に近い写真が中々撮る事が出来ません(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明暗が大きいシーンでのを調整する機能も習いましたが、これ

 

は使いようによっては生きるのではないかと思ったものです。

 

もう一つオートHDRと言うのを・・露出の異なる画像を三枚撮っ

 

てくれて合成した、画像と適正露出画像の二枚を記録してくれる

 

機能も教わりました。

 

これはメリハリの効いた写真が出来るのかも知れません。

 

最近、マニュアルで撮る事にハマっています。