2020年2月5日(水) 17:00-20:00  あおばスカイフィールド

 

川合です。

今日はゲストコーチが2名。ひとりはラグビーパークの卒業生で明治大学ラグビー部で学生スタッフをしているエイト(世田谷RS)。明治大学ラグビー部でも小学生にアカデミーを開催しているようで指導者の勉強がしたいと参加。同じ指導者という立場で話ができることがとても嬉しかったです。悩みはあるでしょうが、それをクリアすることが指導者の楽しみでもあるので、プレーヤーの時と同じようにチャレンジを楽しんで欲しいと思います。もうひとりは千葉でアカデミーをしていて、以前、鷺沼クラスや藤沢クラスにも来てくれた西ヤン。仕事の合間に顔を出して来てくれました。次回は必ずウェアーを持ってきてください。

 

■3・4年生

今日のメインはメイクラインからのハンズです。ゲームの中でどうしてもボールを見過ぎでスペースに立ててない場面を多く見かけます。もちろんボールに集中することは良いことですが、次へのステップアップをして欲しいなと思います。

 

ドリルは、4人でメイクラインからのハンズを3回連続で続けるドリルをやりました。はじめは何も言わずにやってもらうとそれぞれに個性があり自分の好きな深さや幅で立ちました。結果的にラインはデコボコでしたので、WTBが道標になってその跡をついていくことをアドバイスしたら良くなりました!もちろんゲームの中でまだまだ横一線に並んでしまうことが目立ちますが、子供たちの声の中に「深くしよう」や「幅が狭いよ」という声が聞けたので良かったかなと思います。

 

1.ボールハンドリング

2.オニゴッコ

3.ターゲットキック

4.メイクラインからのハンズ

5.10対5トライゲーム

6.5vs5

 

メインコーチ 小森

 

■5・6年生

今日はサポートの練習をしました。最近、フィジータッチという新しいゲームをしているのですが、そのゲームでもポイントはサポートプレーなので、今日はサポートプレーヤーのコースなどを練習をしました。ポイントはボールキャリアをいつでも助けられるコースを取ることです。ボールキャリアの背番号が見える位置という表現がよくされます。その後は前回行った攻撃と防御の人数がランダムになる練習、フィジータッチ、ノーマルタッチと進めました。最後のゲームはキックをありにしていますが、今日は5年生のタケルが何本も上手にキックに使ってトライをしていました。ラグビーをはじめる前はサッカーをやっていたようなので、その時のスキルが上手にいかされています。ゲストコーチの西ヤンもキックのうまさに驚いていました。

 

1.ボールハンドリング(グラバーキック&パントキックなど各種)

2.ストレッチ&アクティブプログラム

3.サポート&2対1

4.ナンバーコールアタック

5.フィジータッチ

6.5対5

 

メインコーチ 川合

 

■中学生

中学生の時間になってから、急激に気温が低下し、おそらく、今年の冬で一番の寒さだったように感じました。練習では生徒の成長を感じる機会が多い日でした。ハンドリング練習では、1年生のリンタロウのスクリューパスの上達が見られ、3年生のゲームではユウキの華麗なリターンパスなどを見ることができました。2人は他の生徒たちに比べるとラグビーの経験年数が短いこともあり、単純に現時点でのスキルを他の生徒と比べると劣るところもあります。まだ中学生なので、その差はこれからいくらでも埋まるので、私は何も心配していませんが、経験年数の長い生徒たちの中でプレーすることは、彼らなりに苦労もあることと思います。そんな彼らが着実に成長してくれていることを嬉しく感じました。

 

1.ボールハンドリング(グラバーキック&パントキックなど各種)

2.ストレッチ&アクティブプログラム

3.ナンバーコールアタック

4.フィジータッチ

5.5対5

 

メインコーチ 川合

メインコーチ 小森