2019年10月29日(火) 16:40-20:30/フロンタウン鷺沼

 

■3・4年生

今日は1対1の様々な練習をしました。練習メニューは生徒たちが遊びの延長線のような感覚で自分で体の使い方を習得するメニューと、しっかりと方法を伝えるメニューと2種類を行うようにしています。備忘録として・・、今日の練習で生徒同士が頭と口をぶつけることがありました。その状況は防げない事故でしたが、この機会を利用してラグビーの練習するする際の注意事項を伝えました。「練習は楽しくやって良いのですが、練習ではなく、友達とはしゃぐことに楽しさの気持ちが行くと、目の前のプレーに集中ができずに大きな事故になることもあります。自分の身を守るためにも、ラグビー選手は目の前の練習に集中することが大事!」

 

1.ステップサポートラン

2.ストレッチ

3.障害物1対1

4.ダイアモンド1対1

5.4対4

 

■5・6年生

こちらのクラスも1対1の様々な練習をしました。3・4年生と同様に遊び感覚で自分で体の使い方を習得するメニューと、しっかりと方法を伝えるメニュー。またメニューによってはキックありのルールにしてプレーの選択肢を増やした中での相手との駆け引きを練習しました。

 

1.ステップサポートラン

2.連続ステップ

3.ストレッチ

3.障害物1対1

4.サイドムーブ1対1

5.5対5

 

■中学生

中学生も1対1。中学生は成長期の急激な身体の成長もあり、身体の成長に筋力が追いつかず、自分の体をコントロールすることが難しくなる時期でもあります。それあり小学生の頃は大好きだった1対1に苦手意識を持つ生徒も増えます。今日の練習前には、生徒自身に起こっている身体の変化を説明した上で、今のベストでプレーすることが将来につながることを伝えて練習をスタートしました。みんな、それぞれのベストで練習できていたと思います。

 

1.ステップサポートラン

2.連続ステップ

3.ストレッチ

4.障害物1対1

5.サイドムーブ1対1

6.6対6

 

ゲストコーチ 窪田幸一郎さん

メインコーチ 川合