2019年10月23日(水) 17:00-20:00   あおばスカイフィールド

 

今日も小学生は全学年共通でパス練習までを行いました。上級生も下級生と一緒にやることでミスをしないように集中して取り組んでいるように思います。下級生は上級生に引っ張られる形でパスが上達しています。双方にとって良い時間なので今後も継続したと思います。

 

今日の練習で、先週に引き続き、中学生で怪我人が。状況的に何か練習内容や施設の影響で起こってしまった事ではないのですが、怪我が続いているので、我々も気を引き締めて指導していかねばと思っています。

 

ワールドカップについて・・・・

日本代表の戦いはベスト8という素晴らしい結果で幕を閉じました。偉業を達成した日本代表の選手の皆さんに感謝ですね!

 

サッカーや野球に比べると競技人口が少ない種目なので、ラグビーをしている子ども達は学校ではラグビーを理解してくれる仲間は少なかったのではないでしょうか。この機会に彼ら彼女らがラグビーをしていることを誇りに感じてくれていたら嬉しいです。さらに今後も誇りを持ってラグビーで学んだ精神を学校の生活の中でも発揮して欲しいです。

 

ワールドカップはベスト4が出揃い、さらにレベルの高い試合がはじまります!残りの4試合も楽しみましょう!

 

■小学生3・4・5・6年生

全体で止まっているダミーを相手に引きつけてパスをするドリルをやったので、今度は動いている相手に対して同じように引きつけられるかをポイントにやりました。まだ引きつけることの大切さ、ストレートランすることなど意識してできないことも見られました。ゲームは最後に全員でワイドコートだやりましたが、3年生はまだボールに寄ってしまうケースが多く課題が見られました。4年生は一人で何とかしようとするのではなく、ワイドコートの時はスペースがあるプレーヤーにパスした方がアタックのリズムが良くなり良い前進が出来ます。今後もここで出た課題を克服できるようにやっていきましょう。

 

1.L字の3vs2

2.3人ジャンケンもともと1人ずつATとDFがいる3vs2  もしくは2vs3

3.ゲーム

 

メインコーチ  小森

 

■小学生5・6年生
全体の練習の後は、先週に引き続き、3対2の練習と3対3の新しい練習をしました。このクラスには、まだラグビースクールに参加していない6年生の生徒が一人います。ここ最近、プレーがとても成長しています。おそらくラグビーのWカップの影響もあるのでしょう。経験が少ないと、どうしても仲間に「パス!」と言われると、焦ってパスをしてミスをしてしまうことが起こります。小学生は判断して声を出しているというよりも、ただボールが欲しくて、どんな状況でも「パス」と声をかけるケースが多くあります。声を出すこと、さらに声に反応することも大切ですが、ボールキャリアは前を見て自分の判断を信じる気持ちも大事です。ご紹介した6年生は、今日の練習でそこの感覚をつかんだようで、自分で勝負するべき時に、加速してスペースに働きかけることができるようになってきました。来週もどんな成長を見せてくれるのか楽しみです!

 

1.カラーターン3対2

2.セット3対3

3.4対4

 

メインコーチ  川合

 

■中学生

今日は新しい3対3のメニューを行いました。ラグビーのゲームの中では、様々な状況が起こるので、練習でも様々な動作やメニューを提供するようにしています。今日はコツをつかむまでに少しだけ時間がかかりましたが、レベルが上がってくると新しいメニューでも1回目のチャレンジでクリアーできるようになります。試合では同じシチュエーションは1回しかないですからね。これからも様々な状況を意図的に作り出して経験させてあげたいと思っています。

 

1.ボールハンドリング

2.パストレーニング

3.3対2パス&サポート

4.じゃんけん3対2

5.セット3対2

6.5対5

 

メインコーチ 小森

メインコーチ 川合