2019年10月9日(水) 17:00-20:00   あおばスカイフィールド

 

■小学生3・4・5・6年生

今日は全学年共通でコンタクトの動作を身につけるためのタックルバックを使ったリレーとタックルされた後のボール継続のスキルを練習しました。その後は、小学3・4年生はオフロードパスの練習とゲーム。小学5・6年生は3対2や各種ゲームを行いまました。小学5・6年生のクラスにはラグビーパークの卒業生でNZ に留学中のモトキが参加してくれて、生徒達のモチベーションを高める良い声を出してくれました。

 

1.タックルバックリレー⇄タックルされた後の継続スキル

2.ランニングアジリティーアップ

3.オフロード(小学3・4年生)/4対4(小学5・6年生)

4.ゲーム

 

メインコーチ   小森 川合

 

■中学生

今日はワールドカップのゲームでよく見られる、仲間の背中を通すパスからの深い攻撃ラインでのワイド攻撃の練習をしました。ラグビーパークでは、色々なパスを練習していますが、今日の動きでも様々なパス動作の精度が求められます。今、継続している地道なパス練習が将来どのようなプレーで活用されるのか?を理解させたくて行いました。中学生のチームではあまりやらない戦術だと思いますが、生徒達が高校生になったときには、多く採用されている戦術です。近場のFWのファーストレシーバーが、自分の斜め後ろを走るスタンドオフにパスをするのか、自分の隣のFWにパスをするのかを決めすことが判断のスタートになります。その判断が正しいと、相手のFWのDFとBKのDF足を分断させ、ワイドのスペースに4対3などの状況を作りやすくなります。

 

1.タックル⇄タックルされた後の継続スキル

2.ランニングアジリティーアップ

3.4対3

4.ディープワイドアタック

5.6対6

 

メインコーチ   小森

メインコーチ 川合