【2019北新横浜クラス第14回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。

2019年7月10日(水) 17:00-20:00   あおばスカイフィールド

 

■小学生3・4年生

残すところ7月も2回となりました。このクラスの子どもたちの目標として、2vs1の場面でパスが出来ること、前が空いていたら走る選択ができることを目標にやっています。パスの上手い上手くないはありますが、そこで「パスをする」という選択を出来ることを大切にしています。子供は正直なので、年下やキャッチが得意ではない仲間を見るとパスをしようとした時に「しない」選択肢をする時もあります。ですが、一緒に4ヶ月やってきて仲間意識が出来たり、実はとても足が速いことに気づいたり、堅実にディフェンスをしてくれたりと信頼関係が生まれ、4月よりもみんなでパスを繋げるようになってきました。上手く行かない時に小さい言い合いはもちろんあります。そこは子供達のコミュニティではありますが、言った人には言われた側の気持ちになって考えてほしいことや、誰でもミスはするので出来る人がカバーしてあげた方がいいのではないかということを伝えるようにしています。来週は最後の練習なので4月からやってきたことを振り返り、ゲームの時間を長めに取りたいと思います。

 

1.カワリオニ

2.ネコとネズミ(立ちスタート、うつ伏せスタート)→ストレッチ

3.2vs1(DFうつ伏せスタート)

4.3vs1vs1(ステップ&オフロードからのサポート)

5.メイクラインからの3vs1vs1(4人でボールハンドリングスタート)

6.3vs3(2面で)

7.ゲーム

 

メインコーチ 小森

 

■小学生5・6年生

ここ最近、ラグビーパークの練習中にやって良いこと悪いことを一つ一つ伝えています。注意していて感じることは、本人たちも、注意されることが良くない行動であることは理解していることです。ついつい忘れてしまったり、ついつい甘えが出てしまったりという感じです。私としては心を許して甘えられる状態になった上での行動が本当の生徒たちの姿だと思うので、今後の成長をサポートする上では甘えた姿を見せることも重要なプロセスだと思っています。ラグビーのプレーはみんなとても上達しています。練習態度の部分では、時間の使い方が勿体無いと感じることが多いので、少しずつ意識を変えられるようにコツコツ指導していきます。

 

1.1対1
2.2対2

3.3対2

4.セイムウェイアタックゲーム

5.5vs5ノーマルタッチ

 

メインコーチ  川合

 

■中学生(リポート 川合)

先週は人数が多めのゲームをしたので、今回は1対1や2対2など少人数の練習を行いました。前回のリポートで書いたように、まだ個人のスキルのレベルアップも必要な年代です。練習後に小森コーチが2名の生徒を呼んで話をしていました。どうやら練習中にラグビー以外のことで無駄なちょっかいを出したことが原因で揉め事に発展したようです。ラグビーに集中していれば起こらないことです。来週は7月最後なのでゲームをメインで進めたいと思います。

 

1.1対1→2対2

2.セイムウェイアタックパス

3.リアクションタッチ→セイムウェイアタック

4.5対5

 

メインコーチ 川合 小森