【2019藤沢クラス第5回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2019年5月6日(月) 16:45-20:30/ミズノフットサルプラザ

 

今回の藤沢クラスもベルセブンの小畑さんがコーチとして参加してくれました。

 

■3・4年生

今日はハンドリングと2対1を中心に練習しました。3年生と4年生を混ぜて練習したのですが、1年間、パスを練習してきた4年生が3年生の良い手本になってくれていたように思います。3年生も4年生のプレーを自然と真似して、いつも以上にパスにチャレンジしていましたね。

 

1.ボールハンドリング

2.10回パス

3.2対1

4.じゃんけん2対1

5.5対5

 

■5・6年生

こちらもハンドリングと2対1。彼らも、まだまだ、2対1の基本を大事に指導しています。パスをすることはできますが、タイミングや動作には、まだ課題があります。こちらも引き続き、指導していきます。

 

1.ボールハンドリング

2.10回パス

3.2対1→じゃんけん2対1&カラーターン

4.5対5

 

■中学生

中学生はハンドリングと3対2の練習。小畑さんの新しいメニューにもチャレンジしました。練習後に小畑さんから、「プレーヤーたちに質問したんだけど?少しポカンとしていた・・大丈夫かな?」と言われました。おそらく、みんな新しいコーチに緊張していたのでしょう。ラグビーでコミュニケーションは大事です。中学生は精神的なことが要因で一時的にコミュニケーションなどのリアクションが薄くなります。声を出すことの大事さは理解している、さらに仲の良い友達とペアになると声は出せる。ただ、何かイレギュラーなことがあると貝のように無言に・・。中学生は急激な成長の変化が起こる年代なので、色々と不思議な生態を見せます。私は、その彼ら彼女らの様子を楽しんでいるところもあります。みんな高校生になるとしっかりと会話できるので心配はしていませんが、ラグビープレーヤーとしてのコミュニケーションは練習が必要なことでもあるので、少しづつ声を出すことにチャレンジしましょう。小畑さんには、また参加してくれます。たくさん質問してくれるコーチなので、生徒たちも刺激があることと思います。

 

1.ボールハンドリング

2.10回パス

3.3対2(小畑さんメニュー)

4.ストレートらラン3対2

5.5対5

 

メインコーチ 川合
ゲストコーチ  小畑さん

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ