【2018横浜クラス第30回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2018年12月19日(水) 17:30-18:40

 

保護者の皆様へ

今年もラグビーパークに指導の機会をいただきありがとうございました。今年もラグビーパークに指導の機会をいただきありがとうございました。年内の横浜クラスが無事に終了しました。今年も多くの新しい仲間が増えました。生徒たちはラグビーのスキルや仲間と協力するルールについて成長した姿を見てみせてくれました。来年もダブルゴール(スキルの成長と人間的な成長)を意識して取り組んで行きます。また、来年からも心を込めて指導させていただきます。2019年1月9日(水)から練習再開となります!

 

 ■小学3年ー5年生クラス

今回のクラスで年内は最後でしたので、4月からやってきた2vs1の抜き合いを少しやった後にゲームを長めにやりました。パスの質があまり良くない時はありますが、2vs1はほぼ全員がマスターして良いタイミングでパスすることが出来るようになりました。少し難しくして連続の2vs1もやりましたが、このドリルもスムーズに出来る子供が増えてきました。

 

最後のゲームでは、やってきたことを意識することと、みんなでボールをつないでトライすることを目標にやってもらいました。

開始直後は、ボールをもらいたいという気持ちが前に出過ぎてラインが浅くなってしまい、ディフェンスにすぐタッチされてしまうケースが見られたので、休憩時に少しだけラインを深くすることと、スタートするタイミングを遅くすることをアドバイスしました。

 

左右に大きく揺さぶって取るトライや外で抜けたプレイヤーをサポートして取るトライなど全員がいい意識を持って取り組んでくれました。

 

年末年始になると高校生や大学生の高いレベルの試合が見れます。見ることもスキルアップに繋がりますので、機会があれば観戦してみてください。それでは良い年末年始をお過ごしください。

 

1、ビブスタッチオニゴッコ、ST

2、2vs1

3、3vs1vs1

4、ゲーム

 

メインコーチ 小森

 

 ■小学6年ー中学生クラス

今日はクリスマスプレンゼントかのようにグランド1面を使うことができました。練習ではゲームをメインに。4月からを振り返りながら、ゲームのレベルが向上していることを嬉しく感じながらゲームの笛を吹いていました。私が目指しているコーチングスタイルはプレーヤーが成長してくれる環境を整えて、自分の力だけでは成長できないかな?と感じた時にアドバイスをするようなスタイルです。それを可能にするには、まずはプレーヤー自身が自分で自分を成長させたい!という気持ちがあること。さらに自分がチャレンジしたいプレーのイメージを持っていることです。横浜クラスの生徒たちは、静かなので一見すると受け身のように感じますが、いざ、ゲームをすると人が変わったようなプレーを見せてくれます。私としては、そんな静かな彼らとの練習をいつも楽しませてもらっています。また、来年も、それぞれが自分に矢印を向けて、ラグビーを楽しみましょう。

 

1、ボールハンドリング

2、ストレッチ

3、ゲーム

4、ストレッチ

 

メインコーチ 川合

 

 

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります