【2018鷺沼クラス第25回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2018年11月20日(火) 16:40-20:05/フロンタウン鷺沼

 

■3・4年生クラス

先週の3対2のサポートプレーの練習をレベルアップさせて行いました。3・4年生とも、ボールを触りたい気持ちをコントロールしながら、仲間と協力する楽しさをおぼえて来てくれています。その後のゲームは3対3を行いました。これまでは、どうしてのすべて自分で勝負する傾向がありましたが、今日のゲームでは、これまでの練習の成果もあり、効果的なパスが生まれる良いゲームでした。

 

1、ビジョントレーニング&ストレッチ⇄サポート3対2

2、ゲーム3対3


■5・6年生

こちらもサポートプレーを学ぶ3対2を行い、その後は3対3のゲームを行いました。高学年は仲間と協力する大事さは理解できているので、比較的、大人数のゲームを行います。ただ、注意しないとボールを触っているプレーヤーが限定されてしまうので、時々、少人数のゲームも行うようにしています。

 

1、ビジョントレーニング&ストレッチ⇄サポート3対2

2、ゲーム3対3

3、ゲーム6対6

 

■中学生

今日のゲームは久しぶりに少人数の4対4を行いました。大人数のゲームでは学年を混ぜて行いました。上級生と下級生を混ざると、ディフェンス時に下級生のところが弱点になります。大人のゲームでは相手のBKとFW(特にプロップ)が対峙する際はそこが弱点になります。BKの選手や機動力のあるFWの選手が忘れてはならないことはプロップ選手のスクラムの頑張りがあってゲームが成り立っているということです。だからこそBKはディフェンスではFWをカバーしてあげる気持ちが大事です。上級生は、それらのことを勉強していると思って下級生のミスをカバーしながら勝利を目指すように伝えました。

 

1、ビジョントレーニング

2、ストレッチ

3、サポート3対2

4、ゲーム4対4

5、ゲーム6対6

 

メインコーチ 川合  

サポートコーチ 須方 ロイ

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります