【2018藤沢クラス第19回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2018年10月1日(月) 16:45-20:30/ミズノフットサルプラザ藤沢
 

今日も祝日開催でした。来週も祝日開催です。

 

■3・4年生クラス

今日は久しぶりにキック練習。3年生はそれほど回数を実施していないので、全ての生徒がキックができるという状態ではありませんが、コツコツ、継続する事で必ずできるようになります。4年生は3年生から継続してるので、かなり長い距離のキックも正確にできるようになっています。キックは、今すぐに必要なスキルではないかもしれませんが、ポジションに関わらずキックができるとラグビーがより楽しめるようなるので、ラグビーパークでは全員に練習させています。

 

1、ターゲットキック

2、パステクニック⇄スクエアー3対2(4年生)スクエアー2対1(3年生)

3、ゲーム4対4

4、ストレッチ


■5・6年生

こちらのクラスもキック。この年代は、成長期の早い生徒とこれからの生徒が混在します。筋力、体格と差がありますが、今の体格やポジションが、そのまま将来に続くとも限らないので、ラグビーパークでは、将来的にどのような体格に落ちついたとしてもラグビーを楽しめるような様々なスキルを指導しています。キックもその一つです。今、チームでは必要のないスキルかもしれませんが、キックの選択肢がある事で可能性が広がりますからね。この年代になると、これまでポイントは何度も伝えているので、大人顔負けのテクニックになっています。

 

1、ターゲットキック⇄パステクニック

3、ゲーム4対4

4、ゲーム6対6

5、ストレッチ

 

■中学生

中学生もキック。中学生はグランドがフルコートになりますから、小学生の頃よりも、キックでのエリアの獲得や、キックパスなどのスキルを自チームの活動の中でも必要とされることもあるかと思います。ただ、チームの中では、それぞれの役割や求められているプレーもあるので、全てのプレーヤーがキックが必要ではない状況かと思います。ラグビーパークは良い意味で、それぞれのプレーヤーに役割を与える場所ではないので、みんな一律にキックを練習しています。私はセンターでプレーしていましたが、トップリーグでプレーしていても、何かイレギュラーなことがあった時しかキックは使いませんでした。1試合で1回あれば多い方です。ただ、その1回の機会で、キックのオプションがあることと、失敗しないことが大事になってきます。今の生徒たちも、いずれはゲーム中にそういう場面に遭遇することもあると思うので、その時の事を考えて指導しています。

 

1、ターゲットキック⇄パステクニック

2、セルフゲーム4対4

3、ゲーム6対6

4、ストレッチ

 

メインコーチ 川合
アシステントコーチ 佐藤

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります