【2018横浜クラス第16回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2018年9月12日(水) 17:30-18:40/YC&AC

 

■小学3・4・5年生クラス

今回のキーポイントはキャッチングです。特にロングパスに対してのキャッチングをやりました。みんなパススキルが上達してスクリューパスはとても上手になっていますが、良いスピードで走りこみながらもらうこと、長くて速いパスがきたときのキャッチングがゲームを見ていて苦手な子が多いです。まずはコーチのパスに慣れた後に、2段階レベルアップしたドリルをやりました。1段階目はパスをとった後にDF(コーン)がいてすぐにステップをしてかわすこと。2段階めはコーチから距離が近い人と遠い人の2人でスタートしどちらかにコーチがパスをした後に1段階目と同じようにステップをし、さらに子供同士でDFに入ってもらい2対1でトライまで取れるかをチャレンジしてもらいました。ゲームの中のラストパスやキャッチ、ステップした後に次に続くプレイを想像してもらいました。切り替えが上手な子は素早く状況判断が出来ていましたが、次のことを考えすぎて前のプレイが

おろそかになっている子が大半でした。よりゲームに近い状況を作り出しながら今後もクラスを進めていこうと思います。

 

1、4コーナーポートボール

2、ストレッチ

3、キャッチ(近い、遠い)

4、キャッチ&ステップ

5、キャッチ&ステップ&2vs1

6、ゲーム

7、ストレッチ

 

小学生メインコーチ 小森


■小6・中学生クラス

当たり前のことですが、ボールを触る機会やプレー機会の多い練習は生徒たちも楽しそうです。私としては常にそのような練習を提供してあげたいと思いながら練習をメニューを考えています。先週から3対3を導入し、みんながボールに絡んで主体的にゲームができる時間を作っています。とても良い効果を感じます。私が言葉で伝えてあげることも時には大事ですが、たくさんゲームをやって身体で覚えてしまった方が良いことが大半です。ゲームの中の動きを見て、それぞれの生徒のレベルに合わせて個別にアドバイスをしてあげることの方がバランスよく成長してくれるようにも感じています。

 

1、パステクニック

2、ランニングパス

3、2対1

4、3対2

5、3対3(レストのチームはSHパス)

6、6対6

 

中学生メインコーチ  川合

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります