【2018鷺沼クラス第10回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2018年6月19日(火) 16:40-20:05/フロンタウン鷺沼

 

8月の夏期練習の連絡を事務局よりメールを送付させていただきました。8月はそれぞれの家庭での用事やラグビースクールの合宿などもあるかと思いますので練習への参加は任意です。いつもと違った状況での練習ですので、あまり細かい指導をするというよりも生徒たちも大好きなゲームを中心に進める予定です。夏の練習は、他のクラスへの参加も可能です。メールが届いていない方は下記のリンクにあるラグビーパークのHPからお進みください。

https://www.rugbypark.jp

 

鷺沼クラスは、8月2日(木)、8月3日(金)の2日間ですが、それぞれコート2面を借りました。いつもよりも広いコートでゲームをさせてあげられるので私も楽しみです。

 

■3・4年生クラス
先週は大人がやるようなパス練習をして、子どもたちをワクワクさせてあげられなかったので、今日は別の方法でパスの練習に再チャレンジしました。私としては、全ての生徒に何回もパスを投げさせてあげたいので、その方法を工夫しました。工夫したことは、コンタクトバックをDFにして、ゲームと同じような状況を作りました。生徒たちもゲームでのイメージを持って取り組めたことで、集中して、楽しく取り組んでました。まだ、しばらくは、ゲームの状況をイメージできるような練習にしなければならないと再確認しました。今日の小学3年生のゲームでは、今まで仲間がいてもステップで勝負すること多かったR君が意識してパスを使いながら仲間との協力を楽しんでいました。この成長が指導者としては大きな喜びです。自分で勝負してもトライが取れるだけの能力もある生徒なので、さらに手段が増え、よりラグビーが楽しめるようにことでしょう。自分で勝負すべきか、仲間にパスすべきか、新しい課題も生まれますが、課題があることを楽しんで欲しいと思います。

 

1、2対1連続パス練習
2、ストレッチ

3、小学3年生 ナンバー2対1/小学4年生 カラーターン3対2

4、ゲーム 4対4

5、ストレッチ

 

■5・6年生

こちらのクラスもパスをメインに進めました。少人数のアタック練習では、同じ3対2ですが、学年ごとにレベルを変えた内容で実施しています。今日はゲームを2種類やる予定でいましたが狭いコートのみとなりました。狭いコートと広いコートでも、それぞれ獲得できるスキルに違いがあります。狭いコートでは細かいスキルが身につきま、広いコートではスペース感覚や、よりダイナミックな動きが獲得できます。来週は両方できるように進めます。

 

1、ボールハンドリング(2人一組)

2、スクラムハーフパス(3人一組)

3、ランニニングパス(3人一組)

5、ストレッチ

6、小学5年生 カラーターン3対2/小学6年生 じゃんけん3対2
7、4対4

8、ストレッチ

 

■中学生
今日は新しい3対3の練習にチャレンジしました。私としては新しい練習を考えてた時は、実際に身につけて欲しいスキルを指導できるのか?と少し不安もあります。結果としては今日の練習は成功でした。これからも生徒も私もトライ&エラーしながら、一緒に成長して行きたいと思います。

 

1、ボールハンドリング

2、ランニングパス(ショートパス→ロングパス)

3、キックパスランニングパス

4、ファンクショナルストレッチ
5、カラースタート3対3

6、6対6

7、ストレッチ


メインコーチ 川合
アシステントコーチ ロイ 須方

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります