【2018横浜クラス第9回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2018年6月13日(水) 17:30-18:40/YC&AC

 

8月の夏期練習の連絡を事務局よりメールを送付させていただきました。8月はそれぞれの家庭での用事やラグビースクールの合宿などもあるかと思いますので練習への参加は任意です。いつもと違った状況での練習ですので、あまり細かい指導をするというよりも生徒たちも大好きなゲームを中心に進める予定です。夏の練習は、他のクラスへの参加も可能です。メールが届いていない方は下記のリンクにあるラグビーパークのHPからお進みください。

https://www.rugbypark.jp

 

横浜クラスの夏期練習は、そもそも生徒数が少ないので夏期練習を開催できるかどうかについては参加人数で判断させていただくことになる可能もあります。外部生も受け入れますので、もし希望者の方がいればご紹介ください。外部生のお申し込みは7月1日からはじまります。なお夏期練習の2日間の小学生クラスは、小森コーチが初日の練習は参加できないので、その日は鷺沼クラスの須方コーチが担当します。

 

■小学3・4・5年生クラス

T君が久しぶりに来てくれました。なんだかんだ言ってT君はこのクラスのムードメーカーなので他の子ども達も嬉しそうでした。そんなT君も交えて今回は前々回の雨の回に出来なかったパスドリルと先週やったステップをやりました。ハンドリングのリレーでは股下やラインアウトパス、スクラムハーフパスなど色々なパスの種類とランを混ぜて競争しました。タイムトライアルでは、1人の場合と3人のチーム戦で競争してもらいました。まずはとにかく速くステップやパスをできることを目標にやり、上手に出来るためのポイントを確認した後に今度は「速さ」に「正確さ」もポイントに加えてやってもらいました。競争をすると自分たちで上手になるためにはどうしたら良いかを考え話す光景が見られます。とても良いことだと思います。また友達との組み合わせにはこだわらずに色々な友達とやってくれる良い雰囲気があります。

最後のゲームでは、もともと調子が悪かったY君が練習の途中で体調が悪くなり見学となりました。子どもたちは楽しければそちらの方を優先してしまいます。私自身、体調の変化に気がついてあげられなかったことを反省しています。今後も、もし体調で気になることがあれば練習前にコーチに一声かけてくれるとサポートをしてあげられるので、ぜひお願いします。具合が悪くなった生徒の対応をお手伝いいただいた保護者の皆様にも、この場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。

1、ボールハンドリング
2、パスリレー
3、ストレッチ
4、タイムトライアル(ステップ&キャッチ)
5、タイムトライアル(チームパス)
6、ゲーム

 

小学生メインコーチ 小森


■小6・中学生クラス

このクラスは、時々、主体性がなく、だれかの動きを探りながら、恐る恐る練習するような空気感になることがあります。今日はその傾向が強い日でした。同学年は仲が良く、練習でも自分と異なる他者を受け入れて、黙々と練習できる生徒たちです。今日はそれぞれの学年でテストでお休みが多く、他学年同士で交わる必要が合ったので、お互いに遠慮が出ていたのだと思います。もっと学年の枠を超えて、生徒同士の関係性を深めるような機会を作ってあげた方が良いのかな?と私自身も反省しています。私としては無理に関係性を持たせるよりも、時間がかかっても自然に関係性が作られるのがベストだと思っていますが、今のままは良くないとも思うので、楽しく関係性が深まる方法を考えたいと思います。練習は最初の重苦しい雰囲気がプレーにも出てダラダラとした動きだったので、急遽、テーマをリアクションに変えて無理やりスイッチを入れました。ちなみに小学6年生たちは、いつも前向きにチャレンジを続けています!

 

1、ボールハンドリング

2、ランニングパス(ショート→ロング)

3、ファンクショナルストレッチ

4、4対4(オフロード)

5、ストレッチ

 

中学生メインコーチ  川合

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります