【2018鷺沼クラス第8回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2018年6月5日(火) 16:40-20:05/フロンタウン鷺沼

 

今週は全てのクラスで1対1をメインに行いました。ラグビーは仲間と協力するスポーツですから厳密に言うと私の中では1対1はラグビーのゲームではありません。私の中での最少人数のラグビーのゲームは2(攻撃)対1(防御)だと思っています。生徒たちにはあまり難しい話はしませんが1対1はパスの練習と同じように考えています。


■3・4年生クラス
ラグビーパークの練習も回数を重ね、3年生のリラッスして練習に取り組めるようになってきました。その一方で、そのリラックスが間違った方向に行くこともあるので、色々と教育的指導をしながら進めています。これはこのクラスに限ったことではなく、どのクラスでも行っていることです。楽しみ方を間違えるとラグビーパークの練習が無駄な時間になってしまいます。大人と同じようなストイックさを求めることはしませんが、他人の時間を無駄にしないこと、小さいチャレンジを真剣に楽しむことなどを伝えて行きたいと思います。今回はステップ練習。練習の最初に戦う手段を5つほど教えました。この年代に生徒たちは、良い意味で染まっていないので、色々な方法を伝えるとチャレンジしてくれます。このままの気持ちで、今後も色々なテクニックにチャレンジして欲しいと思います。1対1の後は、その手段を活用して仲間と協力する方向へ導きました。


1、ステップリレー&ストレッチ⇆ボールハンドリング
2、ダイアモンド1対1

3、4対4

4、ストレッチ


■5・6年生

今日も5年生の数名を6年生に加えました。来週から交代制で5年生を6年生に入れようと思います。こちらもステップ練習。練習では攻撃と防御の勝負が明確になるようにタグを使いました。この年代でもタグをつけると、みんなワクワクしてる様子が伺えました。タグというと何かラグビーのレベルを下げるようなイメージもあるかと思いますが、練習で活用すると楽しいメニューがたくさんあります。タグの脱着に時間がかかるのでラグビーパークの練習ではあまり使いませんが、本当はもっと使いたいぐらいです。

 

1、ステップリレー&ストレッチ⇆ボールハンドリング
2、ダイアモンド1対1⇆ワイド1対1(キックあり)

3、4対4

4、ストレッチ

 

■中学生
中学生になると自分のステップの方法の型が決まりはじめます。私としては中学生には一つの型だけでなく、色々な方法にチャレンジしてステップの手段を選択肢を広げて欲しいと思っています。ゲームではオフロードパスができるルールにして、ステップで相手の芯をずらし意識づけを行いました。

 

1、ランニングパス

2、ファンクショナルストレッチ
3、スクエアー1対1⇆ワイド1対1(キックあり)

4、4対4(オフロード)

5、6対6

6、ストレッチ


メインコーチ 川合
アシステントコーチ ロイ

 

 

 

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります