【2018鷺沼クラス第3回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2018年4月24日(火) 16:40-20:05/フロンタウン鷺沼
 

来週のレッスンはお休みです!ラグビースクールの練習や家族でのお出かけなど、思い存分、ゴールデンウィークを楽しんでください!!

■3・4年生クラス
ラグビーパークは継続して取り組む練習もありますが、基本的には色々な練習メニューを行います。同じ練習メニューを繰り返すと、生徒たちもルールをおぼえてくれるので指導者としては楽ではあります。一方、新しい練習メニューを積極的に導入すると、その都度、コーチたちからの説明を聞き、行動に移す必要があるので、理解できない生徒がいると混乱が起こります。ラグビーパークとしては、その混乱を織り込みずみで、どんどん新しいことにチャレンジさせます。新しいメニューの説明を聞いて理解することが苦手な生徒でも、繰り返すことで、自然と理解力が高まってきます。5年生ぐらいになると、ほとんどの生徒が新しいメニューを説明しても、すぐに理解してくれるようになります。指導者の話を理解することはラグビープレーヤーとして成長するためには大事なことです。年齢が上がるつれ戦術の理解なども必要になってきますからね。こういう成長もサポートさせてもらいたいと思っています。コーチたちも、わかりやすく説明できるようにスキルアップします!

 

今日は4年生のG君が都合によりラグビーパークを退会していきました。ラグビーパークに参加してくれてありがとう。一緒に練習できないのは残念ですが、引き続き、応援しています。これからもラグビー楽しんでね!!


1、じゃんけんスプリント&ストレッチ⇆サークルパス
2、ナンバー2対1⇆4対4リアクションゲーム

3、ストレッチ


■5・6年生
このクラスは、現在、キャンセル待ちの方が多くいます。毎年のことですが、受け入れてあげられていないことが心苦しいです。無理に人数を増やすつもりはありませんが、6年生は、少しだけ受け入れてあげられるかな?と考えています。今日は練習後に5年生を残して練習中のある出来事について話し合いをしました。3対2などの練習をする時に、事前にサインプレーを考えたりする生徒もいます。そもそも、サインプレーを使う必要性もない練習ではありますが、私としてはチャレンジしたいなら、それを制止することはしません。サインプレーがうまくいかなった時に、サインプレーをしない方が良い!とアドバイスするつもりで見守っています。サインプレーを考える時に攻撃に関わる2人だけで話してをしてしまうことがあったようです。悪気があってのことではないとは言え、説明を受けていない生徒は寂しい気持ちになります。それはやめなさい!という話をしました。みんな優しい生徒が多いです。今回のことから、さらに優しい心に磨きをかける勉強をしてくれたことと思います。

1、ランニングパス(3対2 DFバック)

2、ストレッチ

3、4対4(リアクションタッチ)⇆カラーターン3対2/じゃんけん3対2

4、ストレッチ

■中学生
少人数の練習は3対2に取り組んでいます。今日は狭い3対2、広い3対2などの練習をしました。方法は色々とありますが、今はストレートランしての3対2を基本として指導しています。シンプルな動きの精度と判断力を高めれば、難しいサインプレーはいらないので、そこを理解し、実行できるようにサポートしています。

 

1、ランニングパス(3対2 DFバック)
2、ファンクショナルストレッチ

3、シャトルラン&自重トレ(ボールありラン)
4、4対4リアクションタッチ⇆じゃんけん3対2(ショート→ワイド)

5、ストレッチ

メインコーチ 川合
アシステントコーチ 須方 ロイ

 

 

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります