【2018鷺沼クラス第1回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2018年4月10日(火) 16:40-20:05/フロンタウン鷺沼

2018年度のラグビーパークがスタートしました。コーチングポリシーは引き続き継承しながら、練習の進め方については昨年度の指導の課題も踏まえて、新しいチャレンジをしていきます。全体的には生徒たちの協力もあり大きな混乱なくスタートすることができました。今年も生徒一人一人の成長をサポートできるように最善を尽くします。いたらない点もあるかと思いますが、今年もご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します。今年度の鷺沼クラスは下記のスタッフで進めていきます。

 

メインコーチ  川合レオ

アシスタントコーチ 須方 ロイ

 

体験生の皆さんへ

ご参加ありがとうございました。ラグビーパーク としては、今日に限らず、毎回の練習で最善を尽くして指導をしていきます。ただラグビーパークの練習メニューやクラスの雰囲気などを楽しめたどうかは個人差があると思います。在校生で構成される小学生4年生以降のクラスは、在校生のラグビーのレベルに合わせて練習メニューなどを考えています。よって体験をしていいただいた上で、レベルが高すぎる、レベルが低すぎるなど、色々と個人での感想もあるかと思います。(ちなみに今日の練習で仲間が少ない中で参加した人については、その点は、しばらくするとスクールの枠は無くなっていきますので、ご安心ください。)ラグビーパークとしては指導の機会をいただきたいですが、最終的なご入会については、体験を踏まえてご判断いただければと思います。入会後は最善を尽くして指導させていただきます。


■3・4年生クラス
今日は多くの体験生の参加がありました。最初にガイダンスを行い、それぞれのテーマを伝えました。3年生は体験生でしたので、今回は「チャレンジを楽しむ」というテーマで進めました。みんな協力的で、少なくとも私は楽しく指導させてもらいました。今後、参加してくれるプレーヤーたちには改めてテーマを伝えたいと思っています。4年生には一年間のテーマを伝えました。昨年度のテーマに加えて、自分が楽しむことと同時に仲間も楽しめているか?という所にも意識を配ることにもチャレンジすることを追加しました。そこを意識することはゲームであればチームプレーにも繋がります。また、将来、どんな仲間とも一緒にラグビーを楽しめることにも繋がります。ラグビーのテクニックやスキルについては「仲間との前進」を大きなテーマとして進めていきます。さらにラグビーを大好きになれるように、今年も心を込めて指導していきます。

 

4年生のテーマ

・チャレンジを楽しむ。

・仲間のミスを責めない。(チャレンジしている仲間を応援する。カバーする。)

・時間を大切にする。

・自分も楽しみながら、仲間も楽しめているかも考える。

 

3年生
1、スプリント
2、ストレッチ
3、ボールハンドリング

4、アタックチョイスステップ

5、2対1(DFコーチ)
4、4対4(リアクションタッチ)
5、ストレッチ

 

4年生
1、ボールハンドリング
2、ストレッチ
3、スプリント
4、4対4

5、2対1(DFコーチ)

6、ナンバー2対1
7、ストレッチ


■5・6年生
こちらのクラスは在校生が大半ですが、数名の体験生の参加がありました。ガイダンスでは、それぞれの学年にメッセージを伝えました。5年生には、今までよりも指導者側も大人として扱うので、まずはその都度、自分自信で、どういう態度で練習を行うべきかを考えることを意識するように伝えました。6年生は大きな大会等もあるので、ラグビープレーヤーとして結果を出すことを目標としながら、一つ一つの練習に取り組む意識を持つことを伝えました。今年もみんなで協力して良いクラスにして行きましょう。コーチたちも頑張ります。

5年生
1、スプリント⇆ボールハンドリング

2、ストレッチ

3、カラーターン3対2(5年生)/スクエアー3対2+1(6年生)

4、4対4(リアクションタッチ)

5、ストレッチ

■中学生
中学生は在校生のみでクラスをスタートしました。継続して指導している在校生でのクラス編成ということもあり、ラグビーが大好きという土台があり、ラグビープレーヤーとして向上することを望んでいる生徒が大半という構成です。よって練習ではシンプルなパスの反復練習やファンクショナルストレッチなどを導入し、昨年度よりも、直接的にラグビープレーヤーとして成長することを意識した練習内容としていくこととしました。初回は、今年、継続して行うメニューを紹介しました。また、すべてのメニューを惰性でやらずに一つ一つを丁寧に100%の意識で取り組むことをテーマとして伝えました。初回の練習では楽しく100%で取り組んでいました。今年はコーチ陣も「オールアウト」をキーワードとして取り組んでいきます。

1、ランニングパス&サポートパス
2、ストレッチ
3、ファンクショナルストレッチ
4、シャトルラン&自重トレ
5、4対4リアクション

6、ストレッチ

メインコーチ 川合
アシステントコーチ 須方 ロイ

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります