【2017横浜クラス第39回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2018年3月7日(水) 16:40-18:35/YC&AC

 

◆2017年度3クラス合同タッチフット大会のお知らせ

ラグビーパークアカデミーの藤沢、鷺沼、横浜クラスの参加者による合同タッチフット大会を横浜クラスの会場であるYC&ACで開催します。それぞれ予定があると思いますので参加は任意です。みんな忙しいかな?と思いましたが中学3年生たちのリクエストに応えて開催します!遅刻しての参加も可能です。卒業生や受験でラグビーパークを離れた皆さんの参加も可能ですのでお友達がいたら声をかけてください。タッチフットをするシンプルな企画ですので気軽に遊びにきて下さい。

 

場所:横浜カントリー&アスレティッククラブ(YC&AC)

日時:3月17日(土) 17:30-19:30

 

在校生の参加については下記より返信をお願いします。

https://pro.form-mailer.jp/fms/d0a7a557139630

 

■3・4・5・6年生

今日はコーチがディフェンスになってコンタクトプレーの指導をしました。横浜クラスの生徒の中にはフルコンタクトラグビーのチームに所属していない生徒が3名いますが、3人も楽しそうに練習に取り組んでいました。ラグビーパークの練習でもゲームはタッチで行っていますが、フルコンタクトラグビーはタッチラグビーやタグラグビーよりもランニングによる前進は簡単です。体に触れても前に進めますからね。もちろんコンタクトされるという点では勉強が必要なので、その点は安全にプレーするためのスキルを身につけなければなりませんが、そこは中学からでも間に合うことですからね。

 

1、キックボールハンドリング

2、ボール当てドッジボール

3、ストレッチ

4、ゲートスタート3対2

5、コンタクトランニング(DFコーチ)
6、ゲーム

7、ストレッチ

 

■5・6年・中学生

このクラスは先週行ったゲートスタート3対2を発展させた練習を行いました。テーマは素早いポジショニングとしましたが、連続で攻撃させる練習の中で新しい課題も見られました。それはスピードをコントロールするという点です。トッププレーヤーの試合を観ると全てをトップスピードで行っているように見えるかも知れませんが、実際、トップスピードになる時はウイングなどがトライをするために逃げている時ぐらいで、それ以外は90%程度でプレーしています。なぜなら判断が必要であることと、いざという時のために加速できる余地を残しているからです。

 

1、ゲートスタート3対2×3回

2、ストレッチ

3、ゲーム
4、ストレッチ

 

メインコーチ 川合
アシスタントコーチ  小森

 

 

 


 

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります