【2017鷺沼クラス第37回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2018年2月27日(火) 16:40-20:05/フロンタウン鷺沼

 

2018年度で9年目となるラグビーパークの新規募集を始めました。

ここまで支えてくださっている保護者の方々に感謝です。

もしご友人等でラグビーパークに興味を持っている方がいたしたら、ぜひ、ご紹介ください。

https://pro.form-mailer.jp/lp/6f08ab36138781

 

ヒーローズカップに出場した皆さんへ

週末のヒーローズカップの試合はネットで観戦させてもらいました。

昨年優勝した横浜ラグビースクール、そして今年、優勝した世田谷ラグビースクールとも、キャプテンがラグビーパークで指導させてもらっていた生徒なのですが、2人ともプレーも素晴らしかったですが、試合後のスピーチが素晴らしい!!所属ラグビースクールと日頃のご家庭での指導の賜物ですね。グリーンラグビースクールもファイナルカップ同様、良いチームでした。引き続き、中学生でもラグビーを楽しんでくださいね。ありがとうございました。

 

■3・4年生

今日はパスの練習をしました。私がこの年代の子どもたちに指導するときは、大人と同じ様な教え方はしません。大人は基本が出来ている上で、さらに磨きをかけるために意識させるポイントがあります。まだパスを上手に投げられない子どもたちに大人と同じ動作を求めても、キーポイントが多すぎて、余計、混乱して上達できないケースが多いです。スクリューパスであれば、フォロースルーや動作をコンパクトにすることを大人は大事にします。ただ、子ども達はボールを正しい方向で回転させながら、ボールを投げるてみるというレベルなので、まずは、細かいことは気にせず、回転させてボールを投げるというレベルからスタートします。それが出来たら次のステップを指導します。子どもは大人のミニチュアではない。私はそのことを考えながら、いつも指導しています。

 

1、タックルバックリレー&ストレッチ⇆ボールハンドリング

2、ワイドゲーム(ポジショニング)⇆スクリューパス

3、ゲーム
4、ストレッチ

 

■5・6年生

今日は6年生の気持ちがフアフア。久しぶりにラグビーパークに参加した生徒を中心に、練習と関係ないおしゃべりを続けている生徒が多数。正直、ラグビーをプレーすることよりも、お喋りをしに来ている様な状況。それもあり、そのことについて指導しました。お友達とお喋りを楽しむことは、ラグビーパークの時間以外でもできることですからね。お喋りをしてしまう生徒を練習に引きつけられない自分にも反省していますが、クラスはコーチと生徒が協力して作り上げる上げるものですので、改めてラグビーパークに参加することの意味を生徒に問いかけました。

 

1、タックルバックリレー&ストレッチ⇆ボールハンドリング

2、ワイドゲーム(ポジショニング)⇆スクリューパス

3、ゲーム
4、ストレッチ

 

■中学生

鷺沼クラスの中学生は新規募集を行いませんでした。実際は毎回の練習の参加人数は20名弱ですが、所属人数は35名を超えているので募集は行いませんでした。生徒の参加は私がコントロールできないので全員が参加したことを想定して運営しています。実際の練習では、参加人数が少ないので、もう少し増やしても平気かな?とも思いますが、もし全員が参加したらと思って募集はしていません。毎回、参加してくれている生徒達は参加人数が少なく不安な時もあるかと思いますが、良い意味で、少ないときは、その時間を楽しんでください。今日は、程よい人数での練習でした。先週は学年をミックスしましたが今日は学年ごとに。3年生はスピードが速く、体も大きいので下級生は一緒にプレーすることに怖さもあるかな?と思います。数年すると自分たちも下級生から同じ様な目で見られるのですがね。中学生は1年生と3年生の成長の差はとても大きいですから、その中でもお互いが刺激しあって成長できる様に工夫していきます。

 

1、ボールハンドリング

2、セルフサンドイッチパス

3、そストレッチ

4、ワードゲーム⇆3対3

5、ワイドゲーム

 

メインコーチ 川合
アシスタントコーチ  ロイ 須方

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります