Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2017年10月11日(水) 16:40-18:40/YC&AC

 

10月9日に藤沢の秋葉台で行われた中学生の試合を観戦に行かせていただきました。双眼鏡で生徒たちを探しながらの観戦となりましたが、多くのラグビーパークの生徒のプレーを見ることができました。

 

誰が試合に出ているわからないので、試合後にヘッドキャップを脱いで、初めて試合に出ていたことに気づいた生徒や、今週の練習時に話しをしたら「自分も出てました!」と報告されたり・・。

 

今回、見られなかった生徒たちの試合は、また時間を見つけて観戦に行かせていただきます。

 

日頃のラグビーパークの練習では生徒たちのフルコンタクトのプレーを見れないので、試合に行くと新しい発見がたくさんあります。

 

体格の小さい生徒が実は強烈なタックラーだったり・・・・、ボールハンドリングが苦手な生徒がオーバーなどの献身的なプレーでチームに欠かせない存在であったり・・・。

 

ラグビーパークは平日の夕方の練習ですので、色々とメニューに制限が出てしまいますが、これからも、それぞれの生徒たちの個性に合わせたアドバイスをして行きたいと思います。

 

10/15は相模原横山公園の試合を観戦する予定です。

 

 

■3・4・5・6年生クラス

日頃、楽しくゲームをしている生徒たちですが、一つのチームが何やら倹約なムードに・・。話を聞いてみたら、それぞれでやりたい戦術があるらしく、お互いに意見が合わずイライラが溜まってのことでした。ラグビーパークのゲームでは、攻撃の型やサインプレーみたいなものを指導することはしません。前進して、仲間を助けて、空いている場所にボールを回してという、ラグビーのプレーの原則を軸にゲームを成り立たせることで指導しています。それを成り立たせるには一人一人の判断力が求められます。サインプレーや型で得点を取る成功体験のある生徒は、相手の状況に関わらず型を繰り返すことが正解だと思い込んでいるところがあります。この発想を変えるにはかなり時間がかかりそうです。

 

1、ボールハンドリング

2、ストレッチ

3、2対1(DFコーチ)

4、1対1→2対1

5、1対1→2対1→3対2

6、ゲーム(5対5)

 

■小学5・6年(経験者)中学生クラス

今日もコミュニケーションをテーマとしてベンさんのメニューを行いました。今までのラグビーパークでは、私が生徒同士の関係性を構築する助けをしなくても自然と仲が良くなっていました。今日の横浜クラスで、コミュニケーションをテーマに練習してみて、とても声が小さい・・・・、また声を出しづらいような雰囲気を感じました。これは生徒たちだけの問題でなく、私の指導も改善すべき点があると感じています。クラスによっては、彼らの彼女らの関係性を構築するサポートも必要だと言うことです。暑苦しくならない程度にサポートして行こうと思います。練習は小学生と中学生とを分けて行いました。分けた方がお互いに良い時間でした。

 

1、ボールハンドリング

2、3人50回パス

3、2対1→3対2→5対2

4、4対4/6対4)

 

メインコーチ 川合
アシスタントコーチ 須方 小森

いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります