Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2017年9月25日(月) 16:45-20:35/ミズノフットサルプラザ藤沢

 

神奈川県中学ラグビースクール選抜のメンバーのプロフィールが発表されました。生徒たちから話は聞いていましたが、ラグビーパークにも通う在校生や卒業生が7名ほど選ばれていました。選ばれたみんなは、自分のラグビースクールの代表として、そして神奈川県のラグビーの仲間を代表して、全力で楽しんで来てください!

 

来週のラグビーパークにゲストが来ます。

ゲストの方はサンウルブズでコーチをしていたベン ヘリングさん。世界の様々なトップチームでプロコーチをされている優秀な方です。またトップチームだけでなく、育成年代のプロ指導者としても有名な方です。私も彼の指導が大好きです。以前からベンさんと私は交流があり、ぜひ一度、ラグビーパークの子どもたちに指導して欲しいと思っていました。お願いしたところ藤沢クラスと鷺沼クラスに遊びに来てくれることとなりました。※横浜クラスは調整中。

 

また、大人パークの講師も務めてくれるということで、現在、10月21日(土)/ミズノフットサルプラザ藤沢/18-20時で調整中です。(大人パークの詳細も近日中にお知らせします。)

 

ベンさんは、「ザ・ラグビー・サイト」https://www.therugbysite.comという、世界の最高峰のコーチや選手から最新のラグビーを学べる世界的に有名なラグビーサイトのマネジャーもしています。またご本人も世界の優秀なコーチの一人として出演しています。

 

今年から日本語専用サイトhttps://therugbysite.jpもオープンしています。グラハム ヘンリーさんなどが紹介するトップチーム向けの動画だけでなく、ベンさんが海外の小学生や中学生に指導している動画もあります。ご興味がある方はぜひ!

 

■3・4年生クラス
今日はタックルの指導を行いました。ラグビーパークでは、タックルを大きく2つに分けて指導しています。一つは相手を追いかけるまでのトランジェションと言われる動きと、もう一つは相手に近づいてからのタックルの動作です。この2つのことのどちらが欠けての上手なタックルはできません。すでにラグビースクールでも指導を受けていることだと思いますが、コンタクトプレーの基本ができていないと怪我につながりますので、安全に関わる基本は繰り返し指導することが大事です。生徒たちには色々と質問しながら大事なポイントを確認しながら進めました。

 

1、3対2パス&サポートタイムバトル⇄ボールハンンドリング&

2、タックルレクチャー⇄ジャンプ系トレーニング

3、4対4

4、ストレッチ

■5・6年生
このちらもタックルの指導。3・4年生と同様に、じっくりと基本を指導しました。来週はベンさんが来るのでボールキャリアのコンタクト基本姿勢を指導してもらう予定です。

 

1、パス練習(ループ→カットイン)⇄ボールハンンドリング

2、タックルレクチャー⇄ジャンプ系トレーニング

3、4対4リアクション

4、ストレッチ

 

■中学生

中学生はタックルの動作と、リアクションを加えたタックルフィットネスを行いました。ラグビーの試合中は、タックルしたり、そしてタックルされたりと寝て起きてを繰り返します。これらの動作を繰り返すことをコンタクトフィットネスと言います。今日はトップ選手が行なっているフィットネスを1セットだけやりました。単純に走ることが速いだけでなく、寝て起きる動作を速くして、できるだけタックルするチャンスを自分で作り出せる選手になって欲しいと思います。それができるとチームにも貢献できますし、寝て起きる動作を速くすれば、多少の足の遅さはカバーできますからね。

 

1、タックルレクチャー⇄ボールハンンドリング⇄ジャンプ系トレーニング

2、4対4リアクション&6対6ワイド

3、ストレッチ

 

メインコーチ 川合
アシスタントコーチ 須方 小森 佐藤

いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります