Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2016年5月30日(月) 16:45-20:30/ミズノフットサルプラザ藤沢

練習後は夜風が、まだ、寒いので、汗をかいたままで帰ると風邪をひきやすい時期です。練習後の着替えを用意するようにしましょう。

今、ラグビーパークの練習動画を公開することを検討中です。それもあり、最近、ラグビーパークの練習を自分の携帯で撮影していることがあります。練習中の1分ぐらいの時間ですので、ご了承ください。私もあまり練習中の撮影はしたくないので、今後、どうやって練習動画のクリップを集めるか考え中です。

■3・4年生
新入生たちもラグビーパークの雰囲気にもなれ、私との関係性も回を重ねるごとに深まってきています。個人差もありますが、多くの生徒が、自分が楽しむことだけに気持ちが向くので、他者へ配慮をするところまでは気持ちが向きません。ただ、ラグビーは仲間と協力することが大事なスポーツです。仲間と協力するプレーを指導すると同時に、仲間と協力する方法や、協力することで得られる喜びを教えていきたいと思っています。生徒たちは、話せば理解してくれますし、わざと相手に嫌な気持ちにさせるようなことはしません。私も生徒たちの成長を楽しみながら、コツコツ、指導していきます。

1、ターゲットキックゲーム
2、ストレッチ
3、3対2連続パス
4、ターン3対3
5、4対4リアクションタッチ
6、ストレッチ

■5・6年生
こちらのクラスもリズムができたきたので教育的指導をはじめています。5年生たちは、4月、5月は、6年生との練習に緊張気味でしたが、慣れてきたこともあって、少し練習態度が幼くなってきました。他者の心を傷つけるような生徒はいないので大きな問題ではありません。ただ、楽しみ方を間違えるだけです。こちらも、コツコツ、指導していきます。

1、セルフサンドイッチパス
2、ランニングパス
3、ストレッチ
4、ターン3対3⇄タバタ
5、リアクション4対4(5年生)/ワイド5対5ラックゲーム(6年生)
5、ストレッチ

■中学生
小学生の時間から中学生の時間になると、また、新しい課題が見えてきます。小学生に頃は、じっとしていられなかったのが、中学生1・2年生ぐらいは、練習の合間の動きがナマケモノのように鈍くなります(笑)。そして中3の後半になるとキビキビしてきます。12年間ぐらい小学生や中学生のラグビーの指導に関わっていると、個人差もありますが、だいたい、こんな感じです。早くナマケモノの時期を抜け出して欲しいので、アドバイスは続けますが、私自身は焦っていません。なぜなら、ほとんどの生徒が、中3になると抜け出すことも知っているので。こちらも、成長を信じて、コツコツ、指導していきます。

1、セルフサンドイッチパス
2、ランニングパス4分
3、ストレッチ
4、タバタ⇄ターン3対3+1
5、ワイドタッチロングコート6対6⇄ワイドタッチシートコート6対6
6、ストレッチ

メインコーチ 川合
アシステントコーチ ロイ 
いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります