【2016鷺沼クラス第3回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2016年4月26日(火) 17:00-20:35/フロンタウン鷺沼

来週はGWでお休みです。次回の練習は5月10日となります。

■3・4年生
今回も学年をわけての練習。コーチ陣としては、ラグビーのプレーの成長だけでなく、ラグビーパークのルールを覚えていくことで、人間的に成長していくことも応援しています。彼らの成長をサポートしていくには、まずは、コーチ陣と生徒たちが心を通わせることが大事だと考えています。心を通わせるとは、決して、お友達のような関係性になることではなく、信頼関係を作ることです。まずはコーチ陣が生徒たちから信頼してもらえるように、しっかりと練習の準備をして、練習時間を大事にしていることを生徒たちに感じてもらえるように努力することが大事だと思っています。

1、コンタクトアップ(タートルプル&ボティーターン)
2、バランスストレッチ⇄ナンバー2対1(4年生)2対1DFコーチ(3年生)
3、3対3リアクションタッチ
4、ストレッチ

■5・6年生
今日は教育的指導が多い日となりました。注意を促した問題点に共通していることは、自分の態度や行動によって、相手をさみしい気持ちや嫌な気持ちにさせているかもしれないということへの想像力の欠如です。ラグビーパークはそういった行動や態度には厳しく注意をします。注意する理由は2つあります。一つ目は、ラグビーパークという様々なチームの生徒が参加する活動で、他者を思いやれない人がいると活動として成立しないこと。二つ目は、生徒たちが仲間やコーチから応援してもらえるプレーヤーに育って欲しいと思ってのことです。いつも生徒たちには言いますが、まだ知らないこともある年代です。注意されることは別に大きな問題ではありません。大事なことは注意された後に自分の態度を改善できるかどうかです。これからもコツコツ指導していきます。

1、コンタクトアップ(タートルプル&ボティーターン)
2、バランスストレッチ⇄カラーターン3対2(ベテラン)ナンバー2対1(新入生)
3、ゲーム4対4リアクションタッチ
4、ストレッチ

■中学生
このクラスはグランド練習の時間が短いのでスキルを教える時は答えを最初に私から伝えて行わせるケースが多いです。本当は、生徒たちに質問をしながら答えに導く方法にしたいのですが・・。それもあり、ゲームの時間は、あまり細かくコーチングをしないで自由にトライ&エラーをさせるようにしています。

1、コンタクトアップ(タートルプル&ボティーターン)
2、3対3+1
3、ゲーム5対5(ショート→ワイド)
4、ストレッチ

室内
1、タバタ
2、タックル
3、スタートステップ

メインコーチ 川合
アシステントコーチ ロイ 

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります