【2016藤沢クラス第2回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2016年4月18日(月) 16:45-20:30/ミズノフットサルプラザ藤沢

先週の体験に参加してくれたプレーヤーのほとんどが入会してくれました。ラグビーパークは、小学生クラス、中学生クラスがあり、メインコーチは、すべて私(川合)が担当します。よって、長く関わりを持つ生徒とは7年間の付き合いになります。また、学年の途中で入会してきた生徒とも、短くても1年間は一緒に活動していきます。ラグビーパークに参加してくれる生徒のことはラグビーパーク卒業後も応援していきますので、一方通行かもしれませんが、一生の付き合いになると感じています。一週間に1回の付き合いですので、当然、ラグビーパークがプレーヤーの皆さんの成長をサポートできることにも限界はあるわけですが、少しでも、彼ら彼女らの人生が豊かになるような時間を提供していきたいと思っています。

■3・4年生
今日も3年生の体験生が参加してくれました。今回も3・4年生の一緒に練習しました。最後のゲームで3年生同士で頭をぶつけてしまうことがありました。3年生も人数が増えきたので、次回からは学年別に練習するプランで進めます。

1、スペースタッチ
2、ストレッチ
3、ボールキャッチ⇄1対1
4、3対3(リアクションタッチ)
5、ストレッチ

■5・6年生
今回も学年をミックスしての練習。学年を合わせると、生徒にとっては、居心地の良い時間になりますが、どうしても気持ちがゆるくなります。生徒自身も緊張感のある空間が自分を成長させる上で大事であることは感覚的に理解していると思いますので、学年ミックスを基本として、時々、学年別というスタイルで進めていこうと思います。コーチ陣の反省として、人数が増えて、まだ、効率的な練習の流れができていので、次週、改善します。ゲームのプレー人数が増えると個人のボールタッチが減るので、その辺りが練習の課題です。

1、ターン1対1(6コート)
2、4対4アタック⇄4対4リアクションタッチ⇄タバタ
3、7対7ワイド(6年生)⇄4対4ショート(5年生)
4、ストレッチ

■中学生
中学生も学年をミックスしての練習。5・6年生と同様に、学年を合わせると、生徒にとっては、居心地の良い時間になりますが、どうしても気持ちがゆるくなります。生徒自身も緊張感のある空間が自分を成長させる上で大事であることは感覚的に理解していると思いますので、学年ミックスを基本として、時々、学年別というスタイルで進めていこうと思います。ゲームの待ち時間の過ごし方には、大きく分けると2種類のタイプに別れます。上級生や仲間のプレーをじっと見て観察しているプレーヤーと、仲間で関係ないおしゃべりしているプレーヤー。どっちが良い時間の使い方か?毎年のことですが、今年も自分を成長させるための時間の使い方も伝えていこうと思います。

1、ターン1対1(6コート)
2、4対4アタック⇄4対4リアクションタッチ⇄タバタ
3、6対6ワイド
4、ストレッチ

メインコーチ 川合
アシステントコーチ ロイ 須方

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります