【2015横浜クラス第18回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2015年10月7日(水) 17:00-19:00/YC&AC(横浜)


ほとんどの生徒がW杯の日本代表の試合を観ているようです。

みんなが同じ試合を観てくれているとレッスン中の指導がやりやすいです。


「マフィー選手のようなハンドオフをしたいならボールの持ち方を間違えてはいけない」

「タックルで頭の位置を間違えると山田選手ように怪我をしてしまうことがある」

「反則をするとラグビーが上手でもサモアのように負けてしまう」

「小野選手のように前に仕掛けることが攻撃では大事」

などなど・・・・・・。


日本代表がベスト8に進むには、簡単に言うと、日本がアメリカに勝ち、サモアがスコットランドに勝ってくれることが絶対条件となります。


サモアvsスコットランドの試合は土曜日の22時30分から行われます。(JSPORTSで視聴可能)

今回のサモアは歴代のサモアチームの中でも史上最強と言われていたチームです。大会前の練習量も多く、選手も海外のプロ選手として活躍しているメンバーで構成されています。W杯前のオールブラックとの試合でも、負けはしたものの16-25という大接戦をしています。サモアがスコットランドに勝つ可能性も十分にあります。サモアではラグビーが国民的スポーツですから、さすがにこのままでは終われないでしょう!スコットランド戦では、サモアらしい相手を圧倒する激しいコンタクトで勝利してくれることを信じています!


そして月曜日(早朝)の日本代表とアメリカ戦。みんな満身創痍でしょう。毎試合、命をかけて戦っている気持ちが伝わってくる日本代表です。勝利を信じて応援しますが、もう充分、楽しませてもらったので、あとは選手たちが悔いのない試合をしてくれることを応援したいと思います。


■3~6年生クラス

私がルールを説明している途中で自分のタイミングで質問をしてしまう。私が誰かに質問をすると、聞かれていないのに答えてしまう。ラグビーのこと以外でも、色々と勉強することがたくさんありますね。


1、バランスストレッチ

2、アジリティーリレー⇔カラーセット3対2

3、オフロードゲーム5対5

4、ラックゲーム

5、ストレッチ


■中学生

これから気温も低くなってきているので、運動量のある練習を増やしています。今日のタッチフットもフィットネスの要素を含んだルールで行いました。内発的な動機で練習しているプレーヤー達なので、自分のために走っていましたね。やる時は、やるので、それは良いのですが、練習の合間の移動がとても遅い・・・。指導者側も事前にマーカーの準備をしておくなど、時間を有効に使える努力を続けながら、生徒たちの行動への成長もサポートしたいと思います。良いプレーヤー達なので、練習態度でも手本になれるように導いてあげたいです。


1、カラーターン3対2

2、FS

3、アジリティーリレー

4、BWT

5、オフロードゲーム⇔カラーセット3対2

6、フィットネスラックゲーム

7、ストレッチ


メインコーチ 川合

アシスタントコーチ ロイ

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります