【2015藤沢クラス第18回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2015年10月6日(月) 17:00-20:30/ミズノフットサルプラザ藤沢


ほとんどの生徒がW杯の日本代表の試合を観ているようです。

みんなが同じ試合を観てくれているとレッスン中の指導がやりやすいです。


「マフィー選手のようなハンドオフをしたいならボールの持ち方を間違えてはいけない」

「タックルで頭の位置を間違えると山田選手ように怪我をしてしまうことがある」

「反則をするとラグビーが上手でもサモアのように負けてしまう」

「小野選手のように前に仕掛けることが攻撃では大事」

などなど・・・・・・。


日本代表がベスト8に進むには、簡単に言うと、日本がアメリカに勝ち、サモアがスコットランドに勝ってくれることが絶対条件となります。


サモアvsスコットランドの試合は土曜日の22時30分から行われます。(JSPORTSで視聴可能)

今回のサモアは歴代のサモアチームの中でも史上最強と言われていたチームです。大会前の練習量も多く、選手も海外のプロ選手として活躍しているメンバーで構成されています。W杯前のオールブラックとの試合でも、負けはしたものの16-25という大接戦をしています。サモアがスコットランドに勝つ可能性も十分にあります。サモアではラグビーが国民的スポーツですから、さすがにこのままでは終われないでしょう!スコットランド戦では、サモアらしい相手を圧倒する激しいコンタクトで勝利してくれることを信じています!


そして月曜日(早朝)の日本代表とアメリカ戦。みんな満身創痍でしょう。毎試合、命をかけて戦っている気持ちが伝わってくる日本代表です。もう充分、楽しませてもらったので、あとは選手たちが悔いのない試合をしてくれることを応援したいと思います。


■3・4年生クラス

練習前は五郎丸がたくさん!!みんなキックへのモチベーションが高いようですね。練習では山田選手のトライシーンのようなターンの動作を含んだ動作を行いました。色々な動作を練習で経験することで、将来、無意識で体が動くようになります。これからも色々な動きを経験させてあげたいと思います。


1、バラエティーリレー

2、BS⇔ナンバー2対1・じゃんけん2対1

3、ラックゲーム

4、ストレッチ


■5・6年生

練習中にラグビーパークの練習とは関係ない話しをしながら練習している生徒達が数名。目の前のことに集中することの大事さを伝えました。


1、ランニング3対2

2、アジリティーリレー&BWT⇔カラーセット3対3

3、ラックゲーム4対4

4、ストレッチ


■中学生

中学生のゲームの質が高くなっています。順目への攻撃の意識、ハーフからの直ボールのぺネトレートの意識、ハーフの持ち出し方。日本代表の試合が良い影響を与えていると思います。


1、ランニング3対2

2、アジリティーリレー&BWT⇔カラーセット3対3&オフロードゲーム

3、ラックゲーム4対4

4、ラックゲーム6対6

5、ストレッチ


メインコーチ 川合

アシステントコーチ 須方 ロイ 

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります