【2015横浜クラス第12回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2015年7月8日(水) 17:00-19:00/YC&AC(横浜)

藤沢クラス、鷺沼クラスに続き、横浜クラスも雨パーク。グランドが人工芝ということもあり、雨の中でもいつもと変わらない練習ができています。


小学生クラスの練習前の時間は、グランドに来た生徒たちが、自然に声を掛け合ってゲームをしています。私と伊藤コーチは、その様子を見ながら、このまま、やらせおきたいね・・・・なんて、話しをしていました。自発的にルールを決めて仲間でラグビーを楽しんでいる生徒たちを見ると本当に嬉しくなります。この気持ちのままで成長して行ってくれることを願っています。


※ロイコーチ復活!!


■3~6年生クラス

今日は新しい練習を色々と行いました。みんな練習の説明を聞いて、すぐに理解してくれます。これもラグビープレーヤーとして大事な能力です。タックルの新メニューは、なかなか良い練習となりました。頭の位置、ヘッドダウンしないこと、飛び込んだタックルをしないことなどを学べる練習です。また、久しぶりに10回パスを行ったのですが、久しぶりだったからか、攻守の切り替えや、ボールを持っていないプレーヤーの動きなどが衰えていました。この練習は、ラグビーで大事な様々な要素を学べる練習なので、定期的にやらないといけないな・・と思いました。


1、2ボールパス&キック

2、バランスストレッチ⇔タックルバックキャッチ
3、スプリント&ラン⇔10回パス
4、4vs4(オフロードゲーム)

5、ストレッチ


■中学生

今日は、伊藤コーチに小学生の指導を任せて、中学生は最初からロイコーチと川合の2人体制で行いました。前回は、ダラダラした練習態度を注意しましたが、今日は、少しだけ改善されたようにも感じます。気のせいか(笑)。ただ、練習の最後に、一年生に私から教育的指導を入れました。私が「集合」と声をかけた時のこと、上級生はその言葉で、小さい輪になって私の話を聞けるように私語をやめたのですが、1年生は、集合はしたものの、私語を続ける生徒が数名。なんのために私が集合という言葉をかけたかを想像すれば、「静かに!」という言葉を言われることの前に、自分の取るべき行動がわかるはずです。私は、自分が伝えたいことがあって、集合と声をかけたわけですからね。そこを感じとることが大事。そんな話をしました。これらのことも、生徒たちの将来のためにコーチとして伝えて行かねければならないと思っています。


今日のゲームはオフロードゲームというオフサイドのないゲームを行いました。このゲームは攻撃が無制限なので、冷静にボールを継続すればトライができます。ただ、冷静になることがなかなか難しく、どうしても焦ってパスをしてしまったり、サポートプレーヤーのラインが浅いことでスロフォワードになってしまったりします。今日は、それらのポイントを指摘しながら、時にはパスを出さない判断の大事さや、サポートプレーヤーのタイミグ等を伝えました。また、DF側も、ギャンブル的なパスカットをすると、マイボールにならないので、相手の連続攻撃に負けないように辛抱強くDFラインを作り続けることを学べる練習でもあります。良い練習なので、また、やります!


1、2ボールキャッチ&キック

2、BWT⇔タックルバックキャッチ

3、スプリント&パス⇔10回パス

4、6対6オフロードゲーム

5、ストレッチ


メインコーチ 川合

アシスタントコーチ ロイ 伊藤

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります