【2015藤沢クラス第7回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2015年6月1日(月) 17:00-20:30/ミズノフットサルプラザ藤沢


現在、ラグビーパーティーと夏期集中練習の日程を調整中です。まずは、開催にあたって、グランドを借りられるのか?という大きな部分を解決する必要があります。6月中には、もろもろ、ご連絡できるように進めておりますので、今しばらく、お待ちください。


ちなにも、今年のラグビーパーティも横浜クラスの会場であるYC&ACで行う予定で進めているのですが、日程的に7月25日(土)か、8月15日(土)しかグランドが空いていない状況です。両日とも、多くのラグビースクールの合宿と日程が重なってしまうので、今年はW杯中の9月に開催することも含めて検討しています。夏季集中練習は、ラグビーパークとしては、グランドの問題だけでなく、指導者のスケジュールも調整しなければならないので、現実的に開催が可能かどうかも含めて調整中です。


■3・4年生クラス

ラグビーパークの練習は、ボールの持ち方、キャッチ、ステップ、パス、キック、ハイボールキャッチ、コンタクトテクニック、1対1、2対1などについて、1年間、ある程度決められたサイクルを繰り返しながら進めています。1回のサイクルが終わると、少しレベルをアップさせて同じテーマを行います。今日は、ボールの持ち方と1対1をテーマとして行いました。年間通してレッスンを進めていくと、同じテーマについて5回~7回ぐらい練習することになります。同じテーマを繰り返して、それができたら次のテーマに!という方法をすると、結局、テーマを変えると前に指導したことを忘れてしまいます。また、一つのテーマを完璧にさせようとしても、なかなか、前に進めなくなります。それもあり、ラグビーパークでは、バランスよく、それぞれのテクニックを向上させる方法を選んでいます。また、ゲームは年間通して常に行い、指導したテーマを判断力が伴ったゲームの中で発揮する機会を与えながら進めています。


1、ボールタッチゲーム
2、BS⇔タグ1on1

3、タグ1on1

4、4vs4

5、ストレッチ


■5・6年生

3・4年生クラスで書いたことは、5・6年生でも同じ様な発想で進めています。5・6年生は、キャッチとパスのテクニックについては、ウォーミングアップで動作を確認したあとは、ほとんど、ゲーム形式の練習の中で向上させる方法を選択しています。あまりにもテクニックが追いついていな生徒には、個別にアプローチするようにしています。


1、ランニングパス(2min)
2、BS⇔BWT⇔スプリント3対3
3、4on4(リアクション)

4、ストレッチ

■中学生

前回は、教育的指導の多い練習となりました。それもあり、今日は、学年をミックスさせて練習を行いました。ただ、すべてをミックスさせたわけではなく、同じ学年同士で3人~4人で1組のチームを作り、そのグループを3つに振り分けました。つまり、一つの集団に、1年生チーム、2年生チーム、3年生チームというグループがあるということです。下級生は、上級生との勝負にチャレンジすること、上級生は、練習態度の部分で下級生の手本となることを求めました。みんな、良い時間を過ごせていたと思います。


1、ランニングパス
2、FS⇔BWT⇔スプリント3対3
3、4on4(リアクション)

4、ストレッチ


1、メインコーチ 川合

アシステントコーチ ロイ 須方

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります