【2015鷺沼クラス第5回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2015年5月12日(火) 17:00-20:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)


今日は、台風の接近にともない、中学生クラスの時間は大雨に。これから梅雨の季節になります。中学生はグランド後に室内での練習時間もあります。雨が心配される場合は、練習着につても、屋外用、室内用の準備をしてきて下さい。


最近も体験生の参加が続いています。今回、5・6年生クラスに参加してくれた体験生も、これからラグビーパークの仲間になることになりました。同じラグビースクールの仲間がいない体験生だったので、すごく緊張をしていたと思います。入会のメッセージのところに、「みんなが優しくしてくれた・・」というようなメッセージがありました。在校生たちのラグビープレーヤーとしての成長だけでなく、他者のことも思いやれる気持ちが育ってくれていることを嬉しく感じています。ラグビーパークの仲間が増えている理由は、生徒たちが新入生を受け入れる時の態度が素晴らしからです。みんな、ありがとう!


■3・4年生クラス

このクラスの生徒達はコーチがお願いをしていなくても、みんな積極的に荷物を運んでくれます。コーチは、すごく助かっています。みんな、ありがとう!!練習ではパーク歴の長いK君、k君、R君のkラグビースクールの3人が練習態度など含めて良いお手本になってくれています。今年に入ってからの3人の成長をとても嬉しく感じています。


1、ステップゲーム

2、BS

3、ロープパス

4、2on1連続

5、大根抜き

6、ストレッチ


■5・6年生

今日のウォーミングアップの練習での出来事。タッチされた!タッチされていない!と2人の生徒が、ボソボソと言い争っていました。ラグビーパークでは、コーチが見ていないときに起こるジャッジについて、お互いの意見が食い違った時は、ジャンケンで決めるというルールにしています。第3者が見ていない状況で言い争いを続けても永遠に解決しません。空から神様が降りてきて白黒を決めてくれるわけでもありませんし、ビデオ判定(TMO)を要求しても、誰も撮影していません。意見が食い違った場合はジャンケンというお互いにイーブンな方法で決着を付け、納得できない結果になっても、気持ちを切り替えて次に進むしかないときもあります。もちろん、ラグビー以外の人生の中で、本当に自分が納得できない場合は戦うことが大事なこともあるでしょう。ただ、それは、人生に関わるような、いざという時の話です。


ちょっと、話はそれますが、ラグビーのレフリングについて、少しお話を・・・・。

ルールが複雑なラグビーにおいては、時にはミスジャッジもあります。レフリーも人間ですからね。判定において、時には、どもらにでも取れるようなグレーな部分もあり、それを受け入れなければならない時もあります。そんな時に、その一つのジャッジで気持ちを切らしてはいけません。そこは、気持ちを切り替えて、その判定によって受けてマイナスを、自分の力で、もう一度、挽回するようなう気持ちを持つこともプレーヤーに求められます。グレーな要素があるという時点で、ラグビーという競技は、ある意味、未成熟なスポーツという見方もできます。他のスポーツでは、少しでもグレーな判定があると、監督がその都度、ベンチから飛び出してきたり、プレーヤーが後ろに腕を組んで、レフリーに詰め寄ったりします。他の種目の方からしたら、ラグビーの判定は、ツッコミどころ満載だと思います。


近年、大きな大会では、ビデオ判定なども導入されていますが、試合全体のプレーについて、白・黒はっきりさせるために、レフリーを増やすような話は今のところ聞きません。プロ化しても、尚、このグレーを受け入れることを美徳としているような文化があります。すごく面白いスポーツです。私自身も、このグレーな部分を受け入れる点もラグビーの好きなところでもあります。アドレナリン全開で激しく体をぶつけ合い、、真剣に勝ち負けにこだってゲームをしながら、それでいて時にはレフリーが下すグレーな判定も受け入れる。興奮状態でありながら、すごく冷静な部分もあるという、この振れ幅。この振れ幅が、人間の器の大きさにもつながるのか?と思ったりもします。長くなってきてので、この辺でやめときます。


1、ランニングパス(3分)

2、BS⇔2on1連続

3、ナンバー2on1

4、マーカースタート4対4(リアクション)

5、ストレッチ


■中学生

中学生の時間は、台風の影響もあり、大粒の雨が。そんな中、生徒たちは、雨にも負けず、風にも負けず、いつも通りにレッスンを行いました。気温が高くなってきたので、雨については気にならなくなってきました。その後の室内ですが、ほとんどの生徒が着替えを持っていませんでした。さすがにシャワーを浴びたようにびしょ濡れの格好のままでレッスンを続けると風邪を引いてしまうので、室内はトレーニングは中止にしました。今後は、屋外が雨の場合も、練習着を着替えて室内での練習を行いますので、雨の心配がある場合は、室内用の着替えも用意して来て下さい。


グランド

1、ランニングパス(3分)

2、2on1連続

3、マーカースタート4対4(リアクション)

4、5on6(ワイドコーチ)


室内

なし


メインコーチ 川合

アシステントコーチ ロイ

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります