【2015鷺沼クラス第4回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2015年4月28日(火) 17:00-20:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)


お天気も良くて、気温も高くて、良い季節になってきましたね。


この時期は練習中に脱いだウェアの忘れ物が増えます。練習の最後に、コーチも声をかけますが、各自で注意して下さいね。ラグビーパークの練習場所は他の方々も利用しているので、ラグビー用品とわかればコーチが持ち帰りますが、そうでないものは持ち帰りません。その際はフロントに届くことになります。まずは、忘れないようにしましょう。


★来週のラグビーパークはお休みです!

ラグビーパークは祝日や長期のお休みの日は基本的はレッスンを行いません。なぜなら、祝日や長期休暇は、所属ラグビースクールの活動があるからです。GWもラグビースクールでの練習等があることと思います。ラグビーパークとしては、我々の活動と所属ラグビースクールの活動とを上手に活用して、ラグビープレーヤーとして成長していって欲しいと思っています。


■3・4年生クラス

先週は色々と教育的指導が多いレッスンとなりましたが、今日は想像の範囲内での教育的指導の中で、みんな集中して楽しくレッスンができたいました。このクラスに限らず、他のクラスでも、1回のレッスンの中で、私が何も教育的指導をしないということはありません。何らかしらの教育的指導は発生します。それは、この年齢の子供たちを指導している上では当然のことです。先日、本屋さんに行ったら、「子どもは、みんな問題児。」という書籍がありました。そのタイトルの真意は、子どもは知らないことばかりだから、問題があることが当然で、それを少しずつ改善しながら成長していくものだということです。私自身、中学3年生と高校1年生の2人の息子がいます。今だに、「そんなことも知らないのか??」と思うことに遭遇します。そういう意味では、3・4年生は、人間関係の作り方、集団の中での振る舞いなど、知らないことだらけで当然です。クラスは新入生も加わり、望ましくない化学反応も起きていますが、それも許容範囲内のことですので、これから、じっくり指導して行こうと思っています。レポートは、コーチである自分の備忘録の意味もあるので、包み隠さず書いています。レポートに何かレッスンで問題が書いてあっても大きな混乱があるわけではありません。保護者の皆さんにおかれましては、その点はご安心下さい。もし、万が一、保護者の方とお話した方が、生徒のためになると思うときは、ご相談させていただきます。


1、トライアングルボールハンドリング

2、キックパスゲーム

3、サグビー

4、BS(バランスストレッチ)

5、ロープパス

6、、2対1連続(DFコーチ)

7、ストレッチ


■5・6年生

しばらく、このクラスはパスのテクニックをやっていこうと思っています。全体的に短いパスをする時に肘が伸びきってしまう生徒が多いので、将来のためにも、テクニックを修正してあげる必要性を感じています。

ただ、テクニックだけが向上しても、それを相手のいる判断が伴った状況の中で発揮できないと意味がないので、ゲーム形式の練習と並行して進めて行きます。


1、ランニングパス(3分)

2、BS⇔マーカーセットアジリティー

3、BWT⇔4ウェイアタック(2対1)

4、セットスタート4対4(リアクションゲーム)

5、ストレッチ


■中学生

今年の鷺沼クラスは、短い時間ながら、ゲームだけでなく、新しい練習にもチャレンジしていきます。今は4wayアタックという新しい練習と、マーカースタート4対4という練習をしています。また、室内では、ロイコーチによる自重でのトレーニグをメインに、パスなどの細かいテクニックを行っています。


グランド

1、ランニングパス(3分)

2、4ウェイアタック

3、マーカースタート4対4(リアクション)


室内

1、BWTロングバージョン

2、ロープパス

3、ショートパスリレー

メインコーチ 川合

アシステントコーチ ロイ

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります