【2014藤沢クラス第35回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2015年2日16日(月) 17:00-20:30/ミズノフットサルプラザ藤沢


新規の募集を開始致しました。藤沢クラスは3・4年生クラスは、すでに新規の方が5名程度無料体験にお申し込みを頂いていますが、まだ、10名程度の余裕があります。5・6年生クラス、中学生クラスは、あと、それぞれ5名~10名程度という状況です。もし、ご友人等で興味を持っている方がいらっしゃましたら、お早めにお手続きをしていただくようにお伝えください。


いよいよ!ファイナルカップ!!

今週末は、神奈川県のスクールの生徒たちは、6年生の最後の大会であるファイナルカップですね。ラグビーパークも微力ながら協賛させて頂いている関係でパンフレットの背表紙に登場しております。


プレーヤーの成長は、ラグビーパークだけで作り上げているものではなく、所属スクールでの指導と、ラグビーパークでの指導が融合した結果です。ですから、私としては、在校生、卒業生等の活躍を、対外的にラグビーパークの指導の成果としてアピールすることはしません。個人的に応援していますし、心の底から嬉しいですが!


身内である皆様には、少しだけ、ご紹介させていただきますが、今年は7つのチームのキャプテンがラグビーパークで指導させてもらっている生徒でした。生徒同士は、クラスが違うので、お互いがラグビーパークの生徒であるという認識はないと思いますが(笑)。もちろん、キャプン以外にも、ラグビーパークの生徒たちの顔がたくさん!また、卒業生のコメントで登場している生徒もいました。


この活動を初めて、5年になりますが、在校生、卒業生と応援させてもらっている生徒たちが多く、私も本当に幸せです。


ファイナルカップは、今年も応援に行かせて頂きます。


6年生のみんなへ

試合に出れる人はただ、自分がプレーできることだけを楽しむのではなく、出れない人の分まで、試合の勝敗に関わらず、最後の1秒まで、精一杯、自分の全力でプレーして下さい。


仲間のミスを注意する暇があったら、その分、自分がタックルして下さい。もし、自分がミスをしたら、その分、他のプレーで挽回して下さい。


また、特に自分たちが勝利した時こそ、相手の気持ちを考え、その上で、自分の行動や発言をすることにチャレンジしてみて下さい。勝敗に関わらず、相手がいるからゲームができるんですからね。


また、レフリーにも感謝の気持ちを忘れないで下さいね。なぜなら、レフリーの人もいないとゲームはできませんからね。


ラグビーパークのコーチとしては、勝敗に関わらず、みんなが、色んな思いを力に変えて、今の自分ができるグランド内でのプレー、グランド外での態度、すべて出し切ることを応援してます!


試合に出れない人もいるでしょう。

試合に出れなくても、一生懸命、チームの仲間を応援できる人は、いつか自分が応援してもらえる立場になることができると思います。ラグビーで、その夢が叶わなくても、その先の人生、応援した分、応援されることになります。


試合に出れないことは、この先のラグビー人生でも、いくらでも起こります。試合に出たければ、練習で努力を重ねるしか方法がありません。ただ、試合の当日は、試合に出れない悔しさを感じながらも、仲間を精一杯応援して下さい。


ラグビーパークのコーチとしては、グランドで仲間を一生懸命応援している姿を見ることも楽しみにしています。


当日は、試合に出れても、出れなくても、グランドにいる、みんなをコーチは応援してます。


■3-4年生

今年に入り、攻撃が余っている状況と、余っていない状況の2種類に分けて練習を続けてきました。今日は、一つの練習の中で、余っているのか?余っていなのか?の判断も含んだ練習をしました。その後のタッチフットは、特に余っていない時に自分で勝負する意識付をさせる意味で、ツータッチゲームを行ないました。


1、ステップゲーム(1on1)

2、バランスストレッチ⇔3年生  ナンバー4アタック

               4年生  ナンバー4アタック

3、4対4(ツータッチゲーム)

4、ストレッチ


■5-6年生

こちらのクラスも、今年に入り、攻撃が余っている状況と、余っていない状況の2種類に分けて練習を続けてきました。今日は、一つの練習の中で、余っているのか?余っていなのか?の判断も含んだ練習をしました。その後のタッチフットは、特に余っていない時に自分で勝負する意識付をさせる意味で、ツータッチゲームを行ないました。


6年生のみんな!練習の最後にも伝えましたが、みんなは、パスができると思えるときは、何も考えなくても、無意識で自然にパスができます。パスをするかどうか迷った時は前進ですよ!!前進!!前進!!!忘れないで下さいね。頑張ってくださいね。


1、ステップゲーム(1on1)

2、バランスストレッチ⇔ナンバー6アタック

3、ボディーウェイトラダートレーニング⇔ナンバー6アタック

4、7対7(ワイドコーチ、ツータッチゲーム) 

5、ストレッチ


■中学生

こちらのクラスも、今年に入り、攻撃が余っている状況と、余っていない状況の2種類に分けて練習を続けてきました。今日は、一つの練習の中で、余っているのか?余っていなのか?の判断も含んだ練習をしました。その後のタッチフットは、特に余っていない時に自分で勝負する意識付をさせる意味で、ツータッチゲームを行ないました。中学生ともなると、余っていない時でも、カットインなどを上手に使いながら、仲間と協力できることも大事です。2・3年生は、かなり精度が高くなってきましたね。1年生は、ペネトレートする意識は高くなってきましたが、パスをするプレーヤーの動きに、まだ、課題があるので、引き続き、練習しましょう。これは、コーチとしての反省点ですが、久しぶりにワイドコートでゲームをしましたが、プレーの人数が増えると、一人一人のボールタッチの回数が減ってしまいます。また、決まったプレーヤーがボールをもってしまう傾向にもなります。やっぱり5対5ぐらいのゲームがベストかな?なんて考えてます。バランスを取ってやらいといけないな?と感じています。


1、ステップゲーム(1on1)

2、バランスストレッチ⇔ナンバー6アタック

3、ボディーウェイトラダートレーニング⇔8コーナーパスドリル(スピンパス)

4、8対8(ワイドコーチ、ツータッチゲーム) 

5、ストレッチ



コーチ 川合/ロイ



RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります