【2014藤沢クラス第27回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2014年12月8日(月) 17:00-20:30/ミズノフットサルプラザ藤沢


寒い日が続いています。藤沢クラスも年内はあと2回となりました。残りの2回は今年の成長を確認する意味でもゲームを多めに行いたいと思っています。


練習前に4年生の保護者の方と週末のラグビースクールでのお話を聞きました。週末の活動の中ではライバルとなる生徒たちですが、他チームに所属するパークの生徒の試合を応援し合ったりと、良い関係性が構築できているようですね。


■3-4年生

新しく考案したステップのゲームからスタート。ステップが得意な生徒が有利なゲームではありますが、ジャンケンの強さでも勝ち抜くことができるゲームです。それもあり、学年に関係なく楽しむことができます。ゲームをすると、当然ながら身体能力の高い生徒が有利になります。私としては、能力を開発中の生徒も楽しく参加できるように考えたゲームです。なかなか、良いゲームができました。


1、マーカーステップジャンケンゲーム

2、バランスストレッチ⇔ジャンケン2対1

3、4対4(リアクションタッチ)

4、ストレッチ


■5-6年生

12月に入り、ゲームの時間を長くしています。12月まで「迷ったら自分で前進する!」というシンプルなことを伝えてきました。今日の4対4のリアクションタッチでは、みんな積極的に前進できていました。また、その前進もステップを上手に使いながら、相手のタックラーの芯をづらすことができています。週末のスクールのゲームでも同じようなプレーをして欲しいとは思いますが、コンタクトが加わると、上手にできない生徒もいるようです。今、ラグビーパークのゲームの中でできているプレーは、コンタクトに慣れてくれば、週末のゲームの中でも同じようにプレーできるようになります。生徒によっては、相手からタックルされることへの恐怖心の克服が必要な場合もあるでしょう。恐怖心は時間が解決してくれますから、焦らず、コツコツ、成長してくれればと思います。


1、マーカーステップジャンケンゲーム

2、バランスストレッチ⇔ジャンケン2対1(AT2/DF1)

3、4対4(リアクション)

4、ストレッチ


■中学生

中学生もステップのゲームからスタート。中学生も、まだ、まだ、成長過程ですから、ステップを用いたゲームは定期的に取り入れています。みんな様々なステップを駆使して、楽しくトレーニングしていました。その後はゲームを多めに行ないました。今日は1年生のあるチームで私も一緒にプレーしました。そのチームの生徒たちは、一人一人は良いプレーヤーなのですが、自分が積極的に前進することを遠慮する傾向にある生徒を集めたチームです。一緒にプレーしながら、とにかく、迷ったら前進!ということを伝えながらプレーしました。途中から良いプレーができていましたね。今日の気持ちを忘れないで下さいね。話は変わりますが、コーチとしての反省です。最近、タッチフットのレフリーがいい加減になってきたので、来週はもう少しスイッチ入れて笛を吹きます!


1、マーカーステップジャンケンゲーム

2、ファンクショナルストレッチ⇔ターン3対3(コンタクトバック)

3、4対4(リアクション)

4、7対7/8対8(ラックゲーム)

5、ストレッチ


コーチ 川合/ロイ

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります