【2014鷺沼クラス第24回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2014年11月12日(火) 17:00-20:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)


最近、日本代表のジャージを着ている生徒が増えています。先週末に秩父宮で行われた日本代表対マオリオールブラックの試合を観戦した生徒も多いようです。日本代表も強くなってきて、世界ランキングも過去最高の9位になりました。日本代表の強さと比例して代表のジャージを着る子どもたちが増えているように思います。


ちなにみ試合当日の私はと言いますと、日本代表のOBとして、日本代表の後輩たちとイベントをしていました。鷺沼クラスのK君、R君もイベントに参加してくれていました。普段、ラグビーパークでやっている練習もやったのですが、k君、R君はやはり上手にできていましたね。


■小学2年生―3年生

今日は、久しぶりにキックセッションを行ないました。キックのセッションでは、ボールの蹴り方だけでなく、キックされたボールのキャッチも同時に指導するようにしています。ラグビーの試合の開始は、キックからはじまります。特にレシーブする側は、そこでボールをノッコンしてしまうと、リズムに乗れなくなってしまいます。みんなポイントを理解して上手にできていたと思います。


1、キックパスゲーム

2、バランスストレッチ

3、ボールキャッチ

 1)ボールハンドリング

 2)スモールボール

 3)ビックボール

 4)ラグビーボール

4、4対4

5、ストレッチ


■4年生―6年生

こちらもキックセッション。継続して続けているので、みんな上手になってきました。上手になってきたことで、キックの距離を極端に伸ばす生徒も出てきています。ただ、距離を伸ばすと、まだ、正確性が失われてるように思います。距離を伸ばすことは悪いことではありませんが、それがギャンブル的なものでは意味がありません。自分が正確にキックできる距離を見極めて、少しずつ距離を伸ばすようなアドバイスをしました。

1、キックパスゲーム

2、バランスストレッチ

3、ボールキャッチ

 1)ボールハンドリング

 2)スモールボール

 3)ビックボール

 4)ラグビーボール

3、4対4ゲーム

4、ストレッチ


■6年生-中学生

今日は中学生の生徒全員に小さいボールでのキックにチャレンジさせました。ボールが小さくなるとミートポイントも狭くなるので、今まで出来ていたことが難しくなります。また、タッチフットでも2.5号球という、とても小さいボールでゲームをさせました。こちらもハンドリングがいつも以上に難しくなります。今、日本代表でもアメリカンフットボールを水で滑りやすくして、それを練習で使ったりしています。パークの中学生たちは、ハンドリングのレベルが高いので、これからも定期的にスモールボールを使って、今以上にハンドリングレベルを高めていきたいと思ってます。小学生は今の時点で無理に負荷をかけると、テクニックの動作におかしな癖がつく可能性もあるので、様子をみてチャレンジさせるか判断して行こうと思っています。


・グランド
1、キックパスゲーム(中学生スモールボール)

2、リアクション4対4

3、4対4(ラックゲーム)

4、ストレッチ

・室内

5、ファンクショナルストレッチ

6、ダウンスピード

7、ショットガン

8、X腹筋

9、ストレッチ


コーチ 川合/ロイ


RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります