【2014藤沢クラス第17回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2014年9月8日(月) 17:00-20:30/ミズノフットサルプラザ藤沢


今回も小雨の降るコンディションでしたが、前回が大雨だったこともあり、まるで晴れている日と同じような感覚でした。


ラグビーパークでは、毎回、練習の最後はゲームをします。9月のレッスンから、8月の合同練習で導入した新しいゲームをしています。新しいゲームはボールキャリアの動きがよりフルコンタクトのゲームに近いので、さらに新しいスキルを習得してくれることを期待しています。


これから所属ラグビースクールの交流戦や公式戦がはじまりますね。ラグビーパークとしては、それぞれの生徒が、週末のスクールでのゲームを楽しめるように、怪我には最善の注意を払いながら指導していきたいと思います。


※ロイコーチは家庭の事情でお休みでした。


■3-4年生

1対1の基本から再スタート!ボールの持ち方などについては、間違えてしまう生徒もいますが、みんなキレキレなステップをみせてくれました。ミスがあった生徒に対して、私から、何が問題だと思う?と質問すると、みんな自分のミスに、自分で気付けてくれます。地道な作業ですが、この繰り返しによって、自分で自分を成長させることができるプレーヤーに育って欲しいと思っています。


1、1対1(タグ)

2、バランスストレッチ

3、ジャンケン2対1+1

4、ジャンケン2対1+AT(1)

5、ストレッチ


■5-6年生

このクラスも1対1からスタート。5・6年生クラスは、今年から参加した生徒も多いですが、4月に比べると、ステップなども含めて、体の使い方がしなやかになってきました。


その後は、タックルからアタックに切り替わる練習を行いました。この練習の前に生徒達に質問をしました。


「タックルは何のためにするのでしょうか?」


最初は・・・・・

「相手を倒すため。」という答えでした。

その後、「他には?」という問いに対して、「ボールを奪うため」という私が求めている答えを言ってくれました。


いくらタックルで相手を倒し続けても、ボールを奪えなければ、いつかトライされてしまいます。小学生の頃から、タックルしたらすぐに起き上がって、ボールに働きかけるというところまでを、タックルの動作として習慣化してあげたいと思っています。


1、1対1(2コート)

2、バランスストレッチ

2、ジャンケン2対1+AT/1 (2コート)

3、ターンオーバーアタック/AT4(2コート)

4、8vs8(ツータッチゲーム)

5、ストレッチ


■中学生

こちらも1対1からスタート。1対1と言っても、広いスペース、狭いスペースなど、もさまざまなシチュエーションがあります。同じ1対1でも、スぺースによって、使うスキルも違ってくるということです。今日の練習では、3種類のスペースのコートを用意して、それぞれのスペースでの戦い方を勉強しました。


1、1対1(3コート 大・中・小)

2、ファンクショナルストレッチ

3、ジャンケン2対1+AT2/DF1

4、ターンオーバーアタック/AT4

5、8on8(ツータッチゲーム)

6、ストレッチ



コーチ 川合/野口



RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります