【2014横浜クラス第12回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2014年6月25日(水) 17:00-19:35/YC&AC(横浜)


今日は、3-6年生クラスの練習後に、6年生の2人が遊んでいて、振り回した水筒が目にあたり、瞼を裂傷するという事がありました。


怪我をさせてしまった生徒も、怪我をさせようと思ったわけではありません。ただ、今後、このようなことが起きないように、来週の練習前に生徒全員に注意を促したいと思っています。


H君とR君のお母様。ありがとうございました。


※9月からのスケジュールをアップしましたので、ご確認下さい。


■3-6年生クラス

前回、ゲートランをアタック、ディフェンスと1回しかできなかったので、今日もゲートランを行いました。ペアーで対戦するのですが、今日は5年生のR君を6年生と組ませました。5年生では無敵に近いプレーを見せるR君。さすがに6年生には勝てませんでした。途中で気持ちが落ちていたので、「勝つか?負けるかじゃなくて、自分のベストのプレーがどこまで通用するのか楽しめば良いんだよ。強い人とゲームができるのは、楽しいことなんだよ!」と伝えました。その後は、イキイキ、プレーしてました。


1、ブルドック

2、バランスストレッチ+バランストレーニング

3、ジャンケン2対1⇔ゲートラン

4、4対4/5対5

5、9対9(ツータッチゲーム)


■中学生

練習が始まった直後、6年生が怪我をしてしまったので、途中まで、ロイコーチと、伊藤コーチに進めてもらいました。今日は、ゲートランだったり、4対4だったり、短い戦いの中で、自分の全力を出し切ることをテーマに行いました。日本のラグビーのトッププレーヤーの課題として、高いフィットネスがあるにも関わらず、それをゲームの中で出し切れない選手が多いと言われています。ボールを使わないフィットネスの練習と、ラグビーのゲームがつながらない選手が多いのです。ラグビーパーク歴の長い生徒たちは、ハンドリング能力が高くなってきているので、次のステップとして、常に自分の全力を出し切る習慣をつけてあげたいと思っています。その繰り返しは、フィットネスの向上にもつながりますからね。


1、ゲートラン

2、ノーオーバーラップペネトレーと3on3

3、カラーセット3on3

4、4対4

5、ファンクショナルストレッチ+X腹筋

6、トライアングルアタック



コーチ 川合/ロイ/伊藤


RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります