【2014鷺沼クラス第8回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2014年6月10日(火) 17:00-20:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)


梅雨入りし、当日の開催の判断が必要な時期になってきました。


中止の場合は、こちらでお伝します。

http://ameblo.jp/rugbyparkjapan/entry-11840282563.html

(HP→アカデミー→当日レッスン開催情報)

*3時の時点で掲載のない場合は、開催します。



鷺沼クラスは、室内の施設が利用できるので、雨でも基本的には開催します。警報などが出るような場合は、行き帰りの安全を考えて、中止にする場合もあります。雨で開催する場合の最終的な参加の判断は、各ご家庭にお任せいたします。多少の雨であれば、屋外で練習しますので、着替えを忘れないで下さい。


*今年度から参加されている皆様へ

ラグビーパークは、ラグビースクールの合宿等が行われる、学校の休みの期間(夏休み、冬休み、春休み)は、ラグビーパークもお休みになります。9月からのスケジュールは、来週にアップします。また、年間40回でスケジュールしていますが、雨などで中止になった場合は、施設側と調整し、可能であれば、臨時でクラスを開催する場合もあります。その際は、ホームページや、本リポートでお伝えします。



■2-3年生

今日は、3名でのレッスンでしたが、いつも通り、楽しく練習できました。2-3年生は、1対1や、2対1という少人数でのゲームや、一人でもできるハンドリング練習などを繰り返すことが大事な年代です。ですから、生徒が3人でも、コーチとしは、大きな問題は感じません。


ただ、参加してる子どもたちは、仲間が多い方が楽しいと思いますし、グランドに、生徒3人と、コーチ2名という光景はグランド外から見るとさみしくみえるかもしれません。

私は、生徒の笑顔や、プレーから喜びを感じているので、あっという間に時間が過ぎていきます。


人数が増えてくれるに越したことはありませんが、こればかりは、仕方がないことなので、これからも参加してくれる生徒たちと一緒に楽しく続けて行きます。ご父兄の皆さまには、ご心配をおかけして申しわけありません。人数が少なくても、子どもたちのとって、充実した時間にして行きますので、引き続き、よろしくお願い致します。


今日は練習で、自分でステップを踏んで勝負をする練習をしました。週末に試合のあるK君とk君に、アドバイスをしました。

「2人はステップも上手だから、迷ったら、自分で勝負するんだよ。」と伝えました。

2人ともすごく真剣な顔でうなずいてくれました。やる気スイッチが入った顔でしたね。


1、ターゲットグラバーキックゲーム

2、バランスストレッチ

3、ボールハンドリング

4、ターンパス2対1(DFコーチ)

5、ターンパス2対2(DFコーチ)


■4年生-6年生

一人でボールを一個持って、ハンドリング練習をしていた時のこと。私が手本で見せた動作を、小3のT君が、自分で考えながら、どうにかして自力で動作の謎を解こうと悪戦苦闘していました。私としては、T君は、自力で問題を解決できる力があると思っているので、側にいながらも、言葉はかけず、自力でクリアーする様子を見守っていました。ゆっくりながらも、最後は自力で、動作の謎を解いていました。厳しいようですが、やっぱり、手を差し伸べなくて正解でした。


与えられた課題を自力でクリアーするこを習慣化してあげることは、将来、「自ら考え、改題を解決し、成長を続けられるプレーヤー」になるためには、大事なことだと思っています。


コーチという仕事をしていると、すべて手取り足取り、教えてあげて、すぐに目の前の試合で活躍できるように、ラグビーを上達させてあげることを求められているのかもしれない?と感じる時もあります。


目の前の活躍も応援していますが、将来の活躍も応援させてもらいたいと思っています。そう考えると、時間がかかっても、彼らが自力で課題をクリアーする過程を、じっくりと見守ってあげたいと思っています。


1、ターゲットグラバーキックゲーム

2、バランスストレッチ

3、ボールハンドリング

4、キックスタート4vs4

5、8vs8(ツータッチゲーム)


■6年生-中学生

室内の練習の時間に集中力が切れてしまている生徒が数名。人生の時間の使い方として、どうのような過ごし方が良いかは、本人たちもわかっていると思います。せっかく、切磋琢磨できる仲間との時間ですから、大事に使いましょう。


1、4vs4

2、ショートストレッチ

3、サークル4vs4

4、6vs6(ツータッチ)

5、下半身トレーニング(室内)

6、ストロングポジション(室内)

7、X腹筋(室内)



コーチ 川合/ロイ

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります