【2014横浜クラス第9回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2014年6月4日(水) 17:00-19:35/YC&AC(横浜)


今日の横浜クラスは、とても暖かい気候の中で開催しました。


ラグビーパークの設立当初からお世話になっているYC&ACさまから、小学生向けのサマーキャンプのお知らせです。来週のレッスンで、チラシをお配りするので、ご興味のある方は、参加されてみてはいかかでしょうか。



*YC&AC様の企画なので、ラグビーパークのスタッフが参加することはありません。


■3-6年生クラス

今日の練習は、藤沢、鷺沼と同様に、まずは、タッチフットを最初にやって、その後、スキルトレーニングを行い、そして最後に、また、タッチフットというやり方で行いました。

これは、コーチングのテクニックの一つです。わかりやすく言うと、全体→一部→全体といったようなリズムで練習します。まずは、何も言わず、全体の動きをやらせて、その後、その中でコーチが変化させたい部分の練習をします。そして、また、最後に同じゲームをして、その中で練習したことを確認するという手法です。この方法をやると、一日の練習の中でも成果が見られます。


話は、変わりますが、ラグビーパークでは、ステップの能力を開発するメニューを多く取り入れています。それもあり、みんなとても上手です。ステップの能力については、これからも、さらに高めていきます。最終的には、状況に応じて、自分でも行ける!そして仲間をいかせる!そんなオールマイティーなプレーヤーに育って欲しいと思っています。


1、ダイナミックストレッチ

2、4vs4/5vs5

3、キャッチングゲーム

4、ジャンケン2on1/3on1

5、4vs4/5vs5


■中学生

今日は新しいゲームに挑戦しました。みんな、すぐに対応し、良いプレーをたくさん見せてくれました。また、ゲームの途中で指摘した課題も意識しながら取り組めていました。

ゲームの後は、タックル練習を行いました。タックルにも種類があります。相手に対して真正面から行うフロントタックル。ドリフトDFなどの時に使うサイドタックル。後ろから相手を捕まえるリアタックル。相手を抱きかかえるようにするスマザータックル。まずは、安全な動作を体にしみこませることが必要なので、これから反復させていきます。最終的には、状況に応じて、どのタックルの動作を使うかのと言った判断も必要になってきます。


1、4対4

2、ショートストレッチ

3、カラーセットナンバー5・6

4、10vs10(ツータッチ・オーバーあり)

5、ファンクショナルストレッチ

6、フロントタックル

7、サイドタックル(ドリフトDFの判断を含む)


コーチ 川合/ロイ/伊藤

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります