【2014鷺沼クラス第5回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2014年5月20日(火) 17:00-20:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)


今日は、すごく暖かかったですね。


前回もお話しした、水分補給の補足です。

水筒の水が足りなくなってしまう生徒が出始めました。我々も微量ではありますが、水の準備はしています。また、自動販売機もあるので、いざという時は購入してあげることもできます。ただ、それを頼りにされてしまうと、すべての生徒に対応することができません。イレギュラーな時は、当然、対応致します。大きめの水筒にするなど、基本的には各ご家庭での対応をお願い致します。


★練習前の時間の過ごし方★

昨年までは4-6年生のクラスについては、練習までの時間はコーチが彼らの様子をみながら、一緒に時間を過ごしていました。今は、それができません。生徒たちが練習前の時間に怪我をしてしまう恐れもあるので、引き続き、ボールの使用を禁止します。


練習後に、前回の練習でボールを無くしてしまった生徒が、私のところに謝りにきました。ボールは、フロンタウンの方が見つけて届けてくれたので大丈夫です。しっかりと謝りに来たことは素晴らしいことです。



■2-3年生

この年代の子どもたちにとって、学校後の活動であることを考えると、55分という時間は、ちょうど良いように思います。さらに、今、このクラスは人数も少ないですしね。

生徒たちは、アドバイスをすると3歩ぐらい進みます。ただ、しばらくすると、また、2歩下がったプレーになります。3歩進んで2歩下がる。この繰り返しです。ただ、1歩は進んでいます。1歩進むことって、簡単なことではありません。これからも、1歩1歩で良いので、進んでいきましょうね。


1、スパイダーゲーム

2、ダイコンヌキ

3、ダイナミックストレッチ

4、ロープランニングパス

5、ランダムタイミング2対1



■4年生-6年生

ラグビーパークは、生徒たちが楽しくラグビーを向上させられるようなゲーム性を含んだメニューを考えています。ジャンケンをしたり、不思議な動きで逃げ回ったり。

楽しませれば、当然ながら、無邪気な子どもっぽさが顔を出してしまう時もあります。奇声を発してしまったり、無駄に友達を笑わせようとしてしまったり。ただ、その気持ちもコントロールしていけるように、一線を越えた時には、ラグビープレーヤーとして、どこを楽しむべきかについて言葉をかけます。


私が怖い顔をして、いつも怒っていれば、生徒たちは静かに練習すると思います。ただ、それをすると、生徒同士も心に余裕がなくなって、ミスに対して言い争いを始めます。そうなると、ミスを恐れず、様々なプレーにチャレンジする雰囲気ではなくなってしまいます。また、コーチの顔色をうかがいながら、怒られたくないから、静かにするということでは、本当の意味でのラガーマンの態度ではないと思っています。素の自分を出した上で、楽しみすぎる、そして注意を受ける、そして、また、楽しむ。この繰り返しの中で、少しずつ、本当のラグビーの楽しさにきづいていって欲しいと思っています。

練習は、前回の反省も踏まえ、ゲームの人数を減らしながら、それでいて、全体の運動量が落ちないような進め方にしました。私も、一人一人の生徒のプレーをじっくりとみてあげられるので、来週も同じリズムで進めようと思っています。


1、スパイダーゲーム

2、ダイナミックストレッチ

3、ジャンケン2on1・1on2

4、4vs4or3vs3⇔アジリティーリレー(2セット)


■6年生-中学生

このクラスは、6年生の参加や、新入生の参加もあり、人数が増えたので、4月については、練習について試験的にいくつかのパターンで進めてきました。、ここ2回の練習は、6年生も最初から中学生に参加させ、昨年と同じようなリズムにもどしました。このリズムが、一番、効率的なように感じています。今日は、お休みが多く、4チームでの試合だったのですが、今後、5チームとなった場合の待ち時間など、時間を有効に使えるような方法も考えていきたいと思っています。


今日のゲームの時のこと。1試合を行って、2試合目をスタートさせようとしたときに、なぜか、もう一度、ルールを私に聞いてくる生徒がいました。ルールは、最初に全員に説明しています。また、1試合目を見ていれば、わかるはずです。おそらく、ルールの説明を聞かず、さらに、1試合目もお友達とおしゃべりをしていて見ていなかったのでしょう。厳しいようですが、その生徒には、「ルールは、すでに説明しました」と伝え、ゲームをスタートしました。凄く能力が高いプレーヤーです。今日のようなことが起きないようにしていくことも、これからさらにラグビープレーヤーとして成長するためには必要ですよ。


1、ジャンケン2on1or1on2

2、ショートストレッチ

3、ゲーム

4、ファンクショナルストレッチ(室内)

5、アジリティーリレー(室内)

6、X腹筋



コーチ 川合/ロイ





RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります