【2014横浜クラス第5回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2014年5月7日(水) 17:00-19:35/YC&AC(横浜)


ゴールデンウィーク明け、最初のクラス。

気持ちの良い天候の中、練習を行うことができました。


ホームページより、お知らせしていますが、2014年度の第1回大人パークを5月31日に開催します。


大人パークは、ラグビーパークのご父兄含め、ラグビーの初心者の方も参加して下さっています。

今年度より、ラグビーパークにご参加いただいているご父兄の皆様の中で大人パークに興味のある方がいらっしゃいましたら、未経験者、経験者にかかわらず、ぜひ、ご参加下さい。お母様も大歓迎です。


お申し込みは、ホームページよりお願い致します。


■3-6年生クラス

今日から新しい仲間が4名加わりました。

ラグビーパークの練習は、決してむずかしい練習ではありません。基本プレーをゲーム形式にアレンジしているだけです。ゲームは知恵を絞って攻略方法を考えれば、多少、テクニックや体力が劣っていても下級生が勝負に勝つことができます。上級生でも、自分のプレーに過信してしまったりすると負けることもあります。

ゲームは、みんな、勝ちたいです。ただ、毎回勝てるわけでもありません。勝負が決まってしまったとき、または、上手くいかなかったときに、その悔しさや、恥ずかしさをごまかすために途中でお茶らけてしまうか?勝負が決まっても真剣に最後まで戦うか?どちらが良いでしょう?


大事なことは、勝負が決まってしまっても、最後まで一生懸命プレーすることだと思います。ラグビーパークのコーチは、そこの頑張りを見ています。例え勝負が決まっても、それでも一生懸命プレーすることの積み重ねが、将来の大きな勝利につながりますよ。


今日は、ボールを両手で持つべき時と、片手で持っても良い時の判断を学ぶ練習をしました。先々週のゲームに比べて、良く使い分けができていたと思います。


1、ダンボール&ピックアップリレー

2、ストレッチ&ボディーバランス

3、パスゲーム

4、ランダムタイミング2対1

5、ナンバー2対1

6、ゲーム

7、ストレッチ


■中学生

最初の1時間はグランドを広く使っての練習をしました。単純にパスの動作だけをみると上手な生徒たちですが、仲間とライン攻撃をする際に必要なポジショニング、スタートのタイミング、ランニングコースなど、複数の要素が加わると、一気に精度が落ちてしまいます。まだ、まだ、伸びる要素がある証拠です。

すぐに上手になることは難しいですが、少しずつ、成長していきましょう。


後半30分は攻撃のコンタクト練習をしました。一人目のボールキャリアの姿勢、サポートプレーヤーの姿勢とコースなど・・。コンタクトの強度については個人差がありますが、姿勢については良く意識して取り組んでいたと思います。


練習後に野口コーチも言っていたように、今日のような練習は、U20日本代表でも繰り返し行っている練習です。シンプルな練習ですが本当に大事なことです。特に体格の小柄なプレーヤーにとっては、今日のポイントが生命線になります。体格の大きいプレーヤーが行うと、さらに強くなります。中学生の時代から、少しずつやっていけば、将来、苦しい時でも無意識でできるようになります。まずは正しい姿勢を学ぶところからスタートしましょう。スクールの練習などでも、今日のポイントを意識して取り組んでみて下さい。


来週はタックルをやります。コンタクトバックにタックルする時に耳が痛い人はヘッドキャップを持ってきて下さい。


1、ハイボールキャックキャッチ

2、キックスタート4対1・3対2

3、ポジショニングアタック

4、8vs8(フルコート半面)

5、ボールキャリアの姿勢

6、サポートプレーヤーの姿勢

7、ストロングポジション

8、ストレッチ


コーチ 川合/ロイ/野口

RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります