【2014横浜クラス第2回レッスンリポート】 | Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2014年4月16日(水) 17:00-19:35/YC&AC(横浜)


初夏のような暖かさを感じる気候の中、第2回横浜クラスを開催しました。


今日も体験生が数名参加してくれました。また、前回の体験を踏まえ、本入会してくれた生徒も数名。

また、藤沢クラスからの転校生も1名。

横浜クラスは、他のクラスよりも、会場が広いので、まだ、定員に余裕があります。

毎年、4月を過ぎてからも、少しずつ仲間が増えていくので、これからも仲間は増えることでしょう。

コーチとして、どれぐらいの期間、彼ら、彼女らと時間を過ごせるかはわかりませんが、ラグビーパークに入会してくれた生徒たちについては、卒業後も、私は一生応援を続けていきます。

多くの生徒たちとの出会いに感謝し、これからも心を込めて指導して行きたいと思います。


■3-6年生クラス

体験生4名が参加してのレッスンでした。

基本的に小学生クラスは、判断力、ハンドリング、ランニング、キッキング等をメインに指導していきます。

前回は、初回でしたので、特に細かい指導はしませんでしたが、今日から、少しつづ、テーマを決めて進めていきます。今日はキャッチをメインに指導しました。みんな、キーポイントを伝えた後は、良くできていました。ただ、ゲームになると忘れてしまうので継続して指導していこうと思っています。


ラグビーパークの練習は、常に頭も使わなければなりません。新入生は、最初は苦労することでしょう。ただ、子どもたちはとても柔軟なので、すぐにできるようになります。これは、能力というより、やりなれているか?やりなれていないか?ただ、そのだけの違いです。今日、上手くできなかった人も心配しなくて大丈夫です。すぐにできるようになりますからね。


1、タグブルドッグ(DFコーチ6本×3)

2、ストレッチ&ボディーバランス

3、キャッチテクニック

4、キャッチ&ステップ&パス

5、ナンバー2対1

6、5vs5/4vs4(SHコーチ)

7、ストレッチ


■中学生

前回、ゲームのレフリングについて言葉が多い生徒がいたりしたので、ラグビーパークのゲームについて説明をしました。また、練習の合間の時間の使い方や、苦しい時こそ、メンタルをコントロールすることの大切さなどについても伝えました。


最初はスイッチが入っていませんでしたが、話をした後は、みんなスイッチを入れて、練習できました。

話せば伝わる生徒たちであると思うので、これからも、何かあれば、優秀なラグビープレーヤーになるために必要なことは伝えてあげたいと思っています。


このクラスは、ラグビーパーク歴の長い生徒も多いので、今までよりもステップアップした内容を提供して行こうと思っています。また、それができるだけの生徒たちでもあります。


今日は、動き続けるようなメニューでしたが、毎回、同じような内容にはしません。なぜなら、同じ内容にすると、先を考えて、自分で体力をコントロ―ルしてしまうようになるからです。今日のようなトレーニングをやる日もあれば、そうでない日も作ります。これから、年間通して、バランスよく、様々なトレーニングを提供していきます。弱い自分に負けずに、1秒1秒を全力でプレーできるプレーヤーに育ててあげたいと思っています。


来週の練習後も、自分で自分を褒められるように頑張って下さい。それができるようになれば、世界中どこに行っても、自分一人でも頑張れるプレーヤーになれますよ。


1、パススタート3対2

2、ファンクショナルストレッチ+自重負荷トレーニング+腕立て+ストロングポジション+X腹筋

3、ワイドアタック30(3セット)

4、タックルフィットネス3本(5m間隔)/5vs5(ホールドゲーム)  各3セット


コーチ 川合/ロイ/伊藤



























RugbyParkJapanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります