Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2013年12月3日(火) 17:00-19:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)

今日の鷺沼クラスも屋外で元気に練習しました。
鷺沼クラスは、年内の練習は17日までなので、あと2回です。
来週の後半のクラスは、ラグビーの女子の日本代表の選手が参加予定です。
(川合)


【小1-2/小3‐5クラス】 17:00-18:15
▼1・2年生
①ボール・ハンドリング
②ターゲット・キック・バトル
③ストレッチ
④10回パス
⑤ストレッチ

10回パスがかなり続くようになって来ました。
まだまだハンドリングがおぼつかないので、キャッチやパスのミスがかなり多いのですが、そこはたくさんボールを触って慣れていくしかありません。
今日は、スペースの認識が少しずつできるようになってきているのを感じました。
そのおかげでこのゲームの面白さもわかってきたようなので、(勝つために)キャッチに関しては自然に上達していきそうです。
(林)


▼3‐5年生
1、パスターゲットゲーム
2、4対4
3、大根抜き

最近、ゲームの時間が短くなってしまっていたことを反省し、ゲームを多めに行いました。
ウオーミングアップも楽しませてあげたいですし、テクニックの練習もやってあげたい・・・、教えてあげたいことも、まだ、まだ、あります。
ただ、最近、詰め込み過ぎていたように思うので、もう少し、シンプルなことにターゲットを絞って、ゲームメインに切り替えようと思っています。
生徒たちについては、それぞれのレベルで、確実な進歩が見られています。
(川合)

担当コーチ:林拓司/川合レオ


【小6/中学生クラス】 18:05-19:35
■今日の練習
1、ラグビーボール・ドッジボール/ファンクショナル・ストレッチ
2、4対4、5対5(オフロード&ラック・ルール)
3、体幹/ダイアゴナルシット、タックルレクチャー

今日の室内も、先週に引き続きタックルのレクチャーです。
今日は、前に出ながらアタックのスペースをつぶしつつ、有利にディフェンスできるようなコース取りなどを確認しました。
タックル一つとっても、相手の前に立ってからタックルを成功させるまでのプロセス、そのメカニズムを紐解いていくと、学ぶべきことはたくさんありますね。
まずは頭でも理解しつつ、実戦の場面で自然にできるようになるまで、じっくりとトレーニングを積んでいくことが大事ですね。
(林)

担当コーチ:林拓司/川合レオ
いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>