Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2012年12月4日(火) 17:00-19:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)

住宅街の中にある鷺沼クラスのコートですが、意外といつも風が強く吹いているように思います。
今日も冷たい風が吹いていましたが、寒さはほどほどで、少し動けばすぐに温まって、いつも通りにプレーができました。
(林)


【小学生クラス】 17:00-18:15
■今日の練習
①サグビー・ラグビー
②ストレッチ
③ワールド・パス・トレーニング/パスタイムバトル
④5対5(ダウン&オーバーVer.)
⑤キーピング・ボールポジション・ランニング
⑥ストレッチ

体験の2年生が一人。
今日は2年生は2人となりましたが、二人とも問題なく先輩たちに混ざってプレーができました。
このクラス独特の和気あいあいとした雰囲気が、今日は良い方向に発揮されて、集中するところはきちんと集中してプレーができました。
少しずつ、少しずつ、細かいスキルのトレーニングも身についてきているように思います。
ラグビーパークに加わって間もない3年生、2年生たちの今後もとても楽しみです。
(林)

担当コーチ:林拓司/川合レオ


【小5・6/中学生/高校女子クラス】 18:05-19:35
■今日の練習
①ハンドリング&アジリティー(一人ボール1個)、ハイボールキャッチ&ランニング/ストレッチ
②1スピンパスタイムバトル、リロードワイド3対2(6年生以上)/No.2対1、3対2(5年生)
③5対5(ダウン&オーバーVer./ショートタイム集中Ver.)
④キックボックスエクササイズ

室内練習では、毎週、違うメニューで身体能力を高めるトレーニングをしています。
今日は、キックボクシングの動きを利用した全身運動を行いました。
メニューによって、それぞれに好き嫌いもあるでしょう。
また、たとえばその日学校であった事などによって、気分が乗る日も乗らない日もあるでしょう。

ラグビーパークのトレーニングは、一切、強制されることはありません。
なぜなら、みんな、自分が来たくて来ている場所で、誰かに無理やり来させられている場所ではないからです。

そのかわり、いつもいつも伝えているのは、すべての練習において、すべての瞬間において、自分に対してどれだけ厳しくできるかということが、全部自分の成長につながっているということ。
私たちコーチは、少しでも君たち一人一人にとって有意義な時間となるよう、毎週努力を続けていく。
1分1秒も無駄にならないように、心と頭と体をフル回転して、君たち一人一人のために、全力で向かっていく。
後は、君たちしだい。
この時間を生かすも殺すも、自分の成長に繋げるも繋げないも、全部自分次第なんだよ。

生徒たちには、自分自身の力で、立ち上がってもらいます。
(もちろん、様々なアプローチで背中を押したり手を引いたり、時には踏み台になったりもしますが)


日によっては、なかなか集中できなかったり、気分が乗らない日があったとして、それがどうしても克服できなかったとしても、それを責めることはありません。
それを乗り越えるように手伝いはしますが、どうしてもできなかったとしても、それは年齢的にも仕方のないこともあります。
(7まあ、人間ですから、大人でもそういうことはあります)

ただし、他の仲間のやる気を奪うこと、時間を奪うことだけは、断じて許しません。
自分が集中できないこと、やる気が燃えてこないことを、他の仲間に影響させることは、絶対に許しません。
表現が少し難しいのですが、自分の力で自分自身をポジティブに持っていくことは大事、自分のネガティブを他者に影響させることは絶対にしてはならない、そういったことを理解しながら大人になっていってくれればと思います。

楽しい。
全力を出し切ったから楽しい。
昨日の自分を越えられたから楽しい。
自分と同じように頑張っている仲間が隣にいるから楽しい。

すでに多くの生徒がこのことをよく知っているはずなので、今日、時間を取って真剣に伝えたことで、よくわかってくれたことと思います。
来週から、もう一歩ステップアップして、みんなで良いクラスを作っていきましょう。


▼6年生/中学生
今日は、スピンパスのテクニックの練習を行いました。
先週、今週とテクニック練習の時間を多くとっているので、
来週は、実戦を多めにしたいと思っています。
(川合)

▼5年生
先週も書きましたが、小さなユニットでの判断力をもう少し深め、精度を上げながら、少しずつ、大きなユニット、大きなスペースにチャレンジしていこうと思っています。
(林)

担当コーチ:林拓司/川合レオ






いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>