Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2012年4月17日(火) 17:00-19:35/フロンタウンさぎぬま(川崎)

直前まで降っていた雨も止んで、問題なくレッスンを行うことができました。
先日お伝えした通り、今日は、川合コーチがジュニア・ジャパンの指導のため、ラグビーパークはお休みです。
2つのクラスの入れ替わりの時、もともと10分間かぶっていたのですが、今日はその10分間を一緒に練習しました。
小学生クラスにとっては、クールダウンとフィジカルトレーニングを兼ねて、小中クラスにとっては、ウォームアップとフィジカルトレーニングを兼ねて、ファンクショナルストレッチを行いました。
先輩たちが後輩たちをフォローするようなシステムを作りましたが、それぞれがしっかりとやってくれて、全体的に滞りもなく行うことができました。


【小学生クラス】 17:00-18:15
■今日の練習
①キック練習
②キックゲーム
③ストレッチ&アジリティ
④サグビー・ラグビー
⑤ファンクショナル・ストレッチ

お休みが相次ぎ、パーク史上最少の3名でのレッスン。
開始時間まで、遅れてくるのかな~と思っていましたが、いざ始まってみても3名だけだったので、さすがにちょっと迷いましたが、用意したメニューを全部捨てて、個人スキルに焦点を当てた内容を中心にしました。
その後、それだけで終わるのはやはり少しさびしいので、すでに次のクラスの為に到着していた卒業生のKくんとSくんに協力をお願いし、3対3のサグビー・ラグビーを行いました。
最後の10分間は、小中クラスメンバーと一緒にファンクショナル・ストレッチ。
大きなお兄さんたちとの時間はどのような刺激を彼らに与えてくれたでしょうか(^^)

担当コーチ:林拓司


【小5・6/中学生/高校女子クラス】 18:05-19:35
■今日の練習
①ファンクショナル・ストレッチ
②クイック・セット&3対2(2ndフェイズまで)
③4対4、3対3
④股関節、腹筋
⑤ストレッチ(各自)

レッスンは生き物です。
毎週毎週違う顔をしているし、成長段階もあれば波もあります。
今日は、6年生のGくんの集中力や意欲が素晴らしかったのが目立ち、一方で、中学1年生のプレー中の甘さが見えたり、、、。

90秒間のタッチフットの中で、集中していられる時間はそのうちの何秒ある?
後からビデオでチェックしてみたときに、21秒目も、55秒目も、79秒目も、どの瞬間をとらえても、集中やプレーへの意図が必ずあるような状態を目指そう。
パスしたらすぐ次のプレーを考えて行動しよう。
寝たら起きることを考えよう。
ボールから遠い位置にいたとしても、いつも意識を薄めないようにしよう。
あらゆる瞬間でプレーに参加し続けよう。
今日は、そんなテーマでした。

理解できたら、目指し始めます。
その適応力は大したものです。
それぞれが、それぞれのレベルの中で、「一歩先」に向かっています。

担当コーチ:林拓司





いいね!した人  |  リブログ(0)

RugbyParkJapanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>