Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:

2016年11月22日(火) 17:00-20:35/フロンタウン鷺沼

 

■JRFUの中学生「道徳」教材のご紹介

Facebookでもご紹介しましたが、JRFUの中学生「道徳」教材のご紹介です。前回のWカップでの日本代表選手たちの実話を元に、自分と異なる他者を尊重し協力することの大切さなどを学べるストーリーが書かれています。中学生向けの教材ですが、小学生も、読みやすい文章です!ぜひラグビーパークの生徒たちにも読んで欲しいです!教材はこちらから!!

 

■3・4年生
今日はパスの練習。3・4年生なので、あまり細かいことは言わずに、ゲーム感覚の中で、まずは大まかな基本動作を身につけさせてあげたいと思っています。この年代は個人差もありますが、パスの動作ができても、いざ2対1のゲーム形式となるとスキルを発揮できないケースもあります。なぜかと言うと基本は自分でトライしたい年代なので、自分がダメな時にパスをすると言う選択でプレーをするからです。自分で勝負するという気持ちも大事なので、それはそれで褒めてあげながら、仲間と協力して前進した方が楽な時は、自分がトライすると言う気持ちから、仲間をトライさせると言う意識に切り替えられるように導ければと思っています。話は変わりますが2対1の状況を切り取って練習すると、自分がトライしたと言う気持ちが邪魔をしてミスをする生徒が3対3のゲーム形式だと正しい判断でパスを投げます。おそらくゲーム中は無駄なことを考えず、無意識で正しい判断をしているのだと思います。この年代の生徒たちの指導は、とても奥が深いです。

 

1、スペースタッチ
2、キックスタート3対1

3、ストレッチ

4、1対1(復習)

5、2対1

6、3対3

7、ストレッチ

 

■5・6年生

今日は少しだけ気持ちが緩んでいた生徒もいました。教育的指導をすることは、この年代の生徒たちにラグビーを指導する以上、コーチとして当然の仕事です。生徒たちが後退することなく、少しでも日々、前進できるように指導していきます。練習はパスをテーマに。今日はパスの大きなローテーションの指導をしました。動作を教える時はゲーム性のある練習でない場合もありますが、ラグビーを上手になりたいと言う気持ちがある生徒にとっては課題にチャレンジすることも楽しめていると思います。ここ最近、私が指導してあげたいと思っていることは、どんな長いパスもフラットパスで投げようとする生徒への指導です。フラットパスで長い距離を投げようとすると、パスの動作が大きく、下半身も大きく足を広げてしまうことになります。5・6年生は視野も広くなり、自分が運びたいスペースを見つけることはできています。ただフラットなパスだけでは、自分が運びたいスペースにボールを運べないケースも出てきます。まだ小学生ですから私も焦りはありませんが、中学生になるまでには、よりラグビーが楽しめるように左右のスクリューパスを身につけさせてあげたいと思っています。

 

1、キックスタート3対1

2、ストレッチ

4、パススタート1対1&1対2(復習)

5、パステクニック(正座・片膝・3人組)

5、パススタート2対1

6、3対3

7、6対6

8、ストレッチ

 

■中学生

今日はテスト期間が終わり、さらにJRFUの放課後ラグビーのリコークラスに参加していた生徒も復帰したことで、久しぶりの大人数での練習でした。生徒たちは人数が増え、刺激し合える仲間との練習を楽しんでいるようでした。練習は1対1をテーマとしました。室内はタバタにプラスして、先週から導入したプランクプッシュクライムという体幹トレーニング。みんなで協力して取り組むメニューです。自分が負けそうなところを踏ん張りやすいメニューなので、とても良いと私は思っています。きついメニューなので、生徒達はどう思っているかは知りませんが(笑)

 

グランド

1、キックスタート3対1
2、キックスタート1対1&1対2

3、キックスタート2対1

4、6対6ワイド

 

室内

1、タバタ

2、体幹トレーニング

 

メインコーチ  川合
アシスタントコーチ  ロイ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年11月21日(月) 16:45-20:35/ミズノフットサルプラザ藤沢

 

今日は、15時30分ごろに雨が強くなり、練習中止も考えましたが、開催前には雨も弱まり、無事にレッスンを行うことができました。生徒の中には、雨だとコートが広く使えたり、参加が少ないと、いつもできない練習ができたりするので、それを楽しみに参加する生徒もいます。今後も基本は雨でも開催しますので、着替えの準備をお願い致します。また悪天候で開催される場合、体調に不安がある時は、決して無理をしないでくださいね。

 

■JRFUの中学生「道徳」教材のご紹介

Facebookでもご紹介しましたが、JRFUの中学生「道徳」教材のご紹介です。前回のWカップでの日本代表選手たちの実話を元に、自分と異なる他者を尊重し協力することの大切さなどを学べるストーリーが書かれています。中学生向けの教材ですが、小学生も、読みやすい文章です!ぜひラグビーパークの生徒たちにも読んで欲しいです!教材はこちらから!!

 

■3・4年生

今日はボールの持ち方と1対1をテーマに。まだ意識しないと間違えてしまう生徒もいますが、継続することで無意識でできるようになってくれるものと思っています。最近は途中から3年生と4年生を分けて練習していますが、それぞれで楽しく練習できています。

 

1、ボールタッチゲーム

2、ストレッチ

3、ステップチョイス

4、キックスタート1対1&1対2

5、3年生・・3対3

   4年生・・4対4
6、ストレッチ

 

■5・6年生

今日は雨も少し降っていましたが、前々回の反省を活かし、テーマを決めて進めました。今日のテーマはボールの持ち方と1対1。ひと時代前のラグビー(私が高校生のころ。現在42歳。)は、ボールキャリアは芯をずらさず、まっすぐヒットするように指導を受けてきました。それはそれでサポートプレーは行い易いというメリットはありましたが、今の時代は相手のタックルの力をまともに受けないで済むように、タックルの芯をずらすようなフットワークを使うことがボールキャリアの基本プレーとされています。将来的にはステップの仕組みを頭でも理解することで、さらに精度が高まるとは思いますが、小学生へのステップの指導は、まずは鬼ごっこのようなイメージで感覚的に動作を身につけさせる方がスキルの習得はスムーズだと感じています。それもあり、ラグビーパークではボールの持ち方と簡単な間合いを全体で指導したあとは、難しいことを言わずにステップのトライ&エラーを繰り返しています。FWだからステップはいらない・・なんて時代は終わりました。ポジションや体格に関わらず、みんな無意識でステップを踏めるように指導してあげたいと思っています。

 

1、ボールタッチゲーム

2、ストレッチ

3、ステップチョイス

4、キックスタート1対1&1対2

5、4対4リアクションタッチ

6、ストレッチ

 

■中学生

中学生も1対1。小学生の頃から指導しているボールの持ち方ですが、まだ間違えてしまう生徒もいます。特にスピードが速く、普段はスピードで相手に触れさせずにトライをとっているような生徒はミスをする傾向にあります。ボールの持ち方を意識しなくてもトライを取れてきているので仕方ありません。私としては、今よりも相手が強く、速い場合でも、しっかりとボールをキープできるプレーヤーになって欲しいと伝えながら、将来に向けて課題をクリアーするように促しています。

 

1、ボールタッチゲーム

2、ストレッチ

3、ステップチョイス

4、キックスタート1対1&1対2

5、9対9ワイドゲーム(コート3面)

6、ストレッチ

 

メインコーチ 川合
アシスタントコーチ  須方 ロイ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

TOKYO AMERICAN CLUB YOUTH RUGBY PROGRAM, Fall 2016 - Class 11 Report

Sunday Nov. 20th 

 

6-9 years - 11:00-12:00

10-12 years 12:00-13:00

 

Because we only had a very short amount of time to play Pass Ball Rush at the end of last week's class we started by playing it this week. Passes are often going just behind the intended target. I will try to use this game more in future t develop judgement of pass timing and the ability to pass in front of the oncoming reciever.

 

I introduced some new calls (High ball catch, Sprint and "hand-off") to the Run Pass Circle. In the older age group I also added bounce but the younger age group are likely to not be able to control the bounce.

 

With the older age group we developed the hand off and understanding of transferring the ball to the arm away from the tackler.

 

Both classes finished with Number 1 on 1. In the older class this included points for a good catch (not on chest) and for having the ball the correct side as you try to get round the tackler.

 

 

6-9 years

- Pass Ball Rush

- Run Pass Circle

- Number 1 on 1 (narrow channel)

 

 

8-10 years

- Run Pass Circle

- Protect the ball drills

- Number 1 on 1 (points for catch, ball correct side & score)

 

Coach: Roy

いいね!した人  |  リブログ(0)