Rugby Park Japan 【リポート】

Rugby Park Japan のレッスンリポートやお知らせのページです。


テーマ:
2016年7月20日(水)16:45-19:00/YC&AC(横浜)

本日で前期の練習が無事に終了しました。指導している我々も、ラグビーパークを楽しみながら、日々、成長する生徒たちから多くのエネルギーをもらいました。ありがとうございます。

前期を振り返ると、毎年のことですが、4・5月は新入生の参加もあり、クラスの練習のリズムを作ることや、ラグビーパークのルールを伝えることに時間がかかりました。6月は生徒たちもラグビーパークの雰囲気に慣れて、比較的、スムーズに練習が進みました。一方で生徒同士にも慣れも出て来て教育的指導が多くなる時期でもありました。7月は、どのクラスも落ち着いた良い雰囲気で練習が進みました。また、6月ぐらいからは私も生徒達との人間関係が深まり、ラグビーのスキルのアドバイスもやりやすくなりました。

このような経過を6年間繰り返しているわけですが、例年7月には落ち着くので、雰囲気が落ち着かない4・5・6月の時期も、焦らず指導している自分がいます。そして、1ヶ月のお休みを挟んでの9月の雰囲気はというと、例年ですと、みんなラグビーへの興味・関心が深まり、7月以上に集中して練習に取り組むようになります。おそらく、スクールでの夏合宿やご家庭での時間などを通して人間的に成長するのだろうと思います。よって、私としては9月に成長した生徒たちと再会できることを、今から楽しみにしています。
(※8月の集中練習に参加する人は、また、その時に会いましょうね!)

生徒の皆さんへ
これから1ヶ月はラグビーパークの通常練習はありませんが、プールに行ったり、ジョギンングをしたりと、自分で自分を成長させることにもチャレンジしてみてくださいね。家の中でのお手伝いや、宿題なども忘れずに!!

■小学生
キックキャッチの確認と1対1と2対1をやって、その後はゲーム。今日はサポートありのゲームをしました。いつものゲームよりもフルコンタクトラグビーに違いゲーム構造になるルールです。未経験者の3年生たちも、よく理解してプレーできていました。今日も、みんな楽しくプレーしました。様々なレベルの生徒のいるクラスですが、全員が楽しめているのは、みんなが、ラグビーのレベルに関係なく、お互いを尊重し合っているからだと思います。グランドにタッチフットの大人のチームの方がいました。ラグビーパークの子どもたちのゲームを見て、みんなが上手なことに驚いていましたよ。また、9月からも楽しく練習しましょう。

1、スクエアーリレー
2、ストレッチ
3、ナンバー2対1
4、カラーターン3対2
5、6対6
6、ストレッチ

■中学生
最初は、自重トレーニングのテストをしました。これから夏休みになり、運動量が減る生徒もいるかと思います。個人で目標を決めて取り組んでみてくださいね。その後は、キックとキックキャッチ、前進を学ぶ練習などをして、最後はゲームをしました。本当は、サポートありのゲームをしたかったのですが人数が少なかったので、今回はサポートなしのルールにしました。サポートの練習は9月にやります。

1、自重トレーニングテスト
2、ストレッチ
3、キックダッシュ
4、じゃんけん2対1・3対1・2対2
5、6対6
6、ストレッチ

メインコーチ 川合
アシステントコーチ ロイ 須方 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
2016年7月19日(火) 17:00-20:35/フロンタウン鷺沼

本日で前期の練習が無事に終了しました。指導している我々も、ラグビーパークを楽しみながら、日々、成長する生徒たちから多くのエネルギーをもらいました。ありがとうございます。

前期を振り返ると、毎年のことですが、4・5月は新入生の参加もあり、クラスの練習のリズムを作ることや、ラグビーパークのルールを伝えることに時間がかかりました。6月は生徒たちもラグビーパークの雰囲気に慣れて、比較的、スムーズに練習が進みました。一方で生徒同士にも慣れも出て来て教育的指導が多くなる時期でもありました。7月は、どのクラスも落ち着いた良い雰囲気で練習が進みました。また、6月ぐらいからは私も生徒達との人間関係が深まり、ラグビーのスキルのアドバイスもやりやすくなりました。

このような経過を6年間繰り返しているわけですが、例年7月には落ち着くので、雰囲気が落ち着かない4・5・6月の時期も、焦らず指導している自分がいます。そして、1ヶ月のお休みを挟んでの9月の雰囲気はというと、例年ですと、みんなラグビーへの興味・関心が深まり、7月以上に集中して練習に取り組むようになります。おそらく、スクールでの夏合宿やご家庭での時間などを通して人間的に成長するのだろうと思います。よって、私としては9月に成長した生徒たちと再会できることを、今から楽しみにしています。
(※8月の集中練習に参加する人は、また、その時に会いましょうね!)

生徒の皆さんへ
これから1ヶ月はラグビーパークの通常練習はありませんが、プールに行ったり、ジョギンングをしたりと、自分で自分を成長させることにもチャレンジしてみてくださいね。家の中でのお手伝いや、宿題なども忘れずに!!

■3・4年生
ゲームを多めに行いました。それぞれで成長した姿を見せてくれました。小学4年生のKくんが、お父様のお仕事の関係で福岡に行くことになり、今日が最後の練習でした。ラグビーパークでラグビーを始め、その後、ラグビースクールにも所属してプレーするまでになってくれました。福岡でもスクールに所属してラグビーを続けるとのことでした。ラグビー界は狭いですから、また、どこかで会えるでしょう。今後もラグビーを楽しんでください。指導させてくれてありがとう!これからも影ながら応援しています。別れもあれば、新しい出会いもありました。小学4年生の体験生が参加してくれました。同じスクールの仲間もいたので、楽しんでくれていたと思います。また、9月から楽しくラグビーを勉強していきましょう。

1、キックダッシュ
2、ストレッチ
3、じゃんけん2対1
4、4対4
5、ストレッチ

■5・6年生
じゃんけん2対1という練習で、仲間がいる時の前進と、仲間がいない時の一人での前進の使い分けについて確認しました。じゃんけんが楽しすぎて、フワフワした練習になってしまいましたが、コーチングしたいポイントは伝えられたかな?と思います。

7月の最後の練習なので、良い雰囲気でゲームをして終わりたかったのですが、練習中にラグビーパークと関係ないおしゃべりを続け、プレーも真剣に取り組まない生徒がいたので教育的指導をしました。ラグビーパークに来て、練習中にお友達とおしゃべりを続けることは、時間の使い方として勿体無いぞ!と注意をしました。時間の使い方を間違えると成長のスピードが遅くなってしまうので、この点については、これらも指導してあげたいと思います。

その後は、6対6という普段よりも人数の多いゲームを行いました。人数が増えるとプレーも複雑になってくるので、新しい課題が見られる生徒もいました。今回のゲームの課題は9月からの練習で改善していきます。ゲームがうまく進まなくなると、生徒たちの中には、イライラして仲間に対して口調が厳しくなるものも出てきます。チームスポーツをしていると、仲間が自分の想い通りに動いてくれないことは多々あります。仲間が思い通りに動かないことだけに気持ちが行き過ぎることは、その本人にとってもプラスではありません。この先も、そんなことはいくらでもあります。もちろん、仲間に指示を出すことは大事ですが、声を出しても、その通りにならなかった時は、そこで一度、気持ちを切り替えて、仲間がどんなプレーを選択してもサポートしてあげる気持ちが大事です。ゲーム中の問題は、練習しないと解決しませんので、そこはコーチの仕事です。基本はコーチに任せましょう。まずは自分が全力でプレーすることに集中することの方が結果的には自分の成長につながりますからね。色々と教えてあげたいことはありますが、続きは9月からとなります。9月からも焦らず、じっくり指導させてもらいます。

1、キックダッシュ
2、ストレッチ
3、じゃんけん2対1
4、6対6
5、ストレッチ

■中学生
室内では、自重でのトレーニングの測定とバランスチェックをしました。生徒たちにも伝えましたが、高校生になるとウェイトトレーニングが始まり、100KGといったように明確な目標がでいます。中学生の時期はウェイトトレーニングの必要はありませんが、腕立てや腹筋など、自分の体重でのトレーニングについては、自分で回数の目標を決めて取り組むことが大事になります。コツコツ、チャレンジしてくださいね。9月からはJRFU放課後ラグビーに参加する生徒もいるので少人数での練習になることと思います。放課後ラグビーに参加する人は、良い機会ですので、色々と吸収してきてくださいね!

グランド
1、キックダッシュ
2、ストレッチ
3、6対6(ワイド)

室内
1、自重トレーニングテスト
2、バランステスト
3、ストレッチ

メインコーチ 川合
アシステントコーチ ロイ 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
2016年7月18日(月) 16:45-20:30/ミズノフットサルプラザ藤沢

本日で前期の練習が無事に終了しました。指導している我々も、ラグビーパークを楽しみながら、日々、成長する生徒たちから多くのエネルギーをもらいました。ありがとうございます。

前期を振り返ると、毎年のことですが、4・5月は新入生の参加もあり、クラスの練習のリズムを作ることや、ラグビーパークのルールを伝えることに時間がかかりました。6月は生徒たちもラグビーパークの雰囲気に慣れて、比較的、スムーズに練習が進みました。一方で生徒同士にも慣れも出て来て教育的指導が多くなる時期でもありました。7月は、どのクラスも落ち着いた良い雰囲気で練習が進みました。また、6月ぐらいからは私も生徒達との人間関係が深まり、ラグビーのスキルのアドバイスもやりやすくなりました。

このような経過を6年間繰り返しているわけですが、例年7月には落ち着くので、雰囲気が落ち着かない4・5・6月の時期も、焦らず指導している自分がいます。そして、1ヶ月のお休みを挟んでの9月の雰囲気はというと、例年ですと、みんなラグビーへの興味・関心が深まり、7月以上に集中して練習に取り組むようになります。おそらく、スクールでの夏合宿やご家庭での時間などを通して人間的に成長するのだろうと思います。よって、私としては9月に成長した生徒たちと再会できることを、今から楽しみにしています。
(※8月の集中練習に参加する人は、また、その時に会いましょうね!)

生徒の皆さんへ
これから1ヶ月はラグビーパークの通常練習はありませんが、プールに行ったり、ジョギンングをしたりと、自分で自分を成長させることにもチャレンジしてみてくださいね。家の中でのお手伝いや、宿題なども忘れずに!!

■3・4年生
今日もプレーの原則を確認しながら練習を進めました。最後のゲームは、生徒の成長を確認したくて、6対6という人数のゲームをしました。人数が増えたり、スペースが広くなると、それだけプレーが複雑になるので、生徒たちの課題が色々とわかりました。今回のゲームで出た課題は9月の練習からコツコツ指導していきます。また、この年代の子ども達は、ゲームの勝敗をとても気にします。それは大事な気持ちですが、一歩、間違うと、プレーと関係ないところで、対戦相手をイライラさせるようなことをすることもあります。まだ、理解が難しいことかもしれませんが、ゲームは、対戦相手や、レフリーがいて、始めて成り立ちます。よって対戦相手も大きな枠で考えればゲームを楽しんでいる仲間でもあります。これらのことも、今後も、少しづつ指導していきたいと思っています。全体的には、みんなパスとランニングという2つの選択肢を持ってプレーする意識が向上してくれたいと思います。9月からも、それぞれのスキルレベルを高めていけるように指導させてもらいます。

1、キックダッシュ
2、ストレッチ
3、4対4リアクションタッチ
4、6対6サポートゲーム
5、ストレッチ

■5・6年生
こちらもプレーの原則を確認しながら進めました。また、最初の練習では、キックの動作、キックキャッチの動作、1対1で勝負する意識から、ボールの継続の意識までを再確認しました。みんな、それぞれのペースでレベルアップした様子を確認することができました。ゲームは、サポートありのゲームをしましたが、その場の状況に応じて、臨機応変に自分の役割を探すことができていたと思います。スペースにボールを運び練習を7月は行っていましたが、まだ、どうしても内側に切り込んでしまう生徒も多いので、この課題は、9月から継続して取り組みます。

1、キックダッシュ
2、ストレッチ
3、4対4リアクションタッチ
4、6対6サポートゲーム
5、ストレッチ

■中学生
5・6年生と同じメニューを行いました。すべての練習において、キックの精度、パスの精度、スピード、判断力と、とてもレベルの高いプレーを見せてくれました。ゲームについては、前進を意識させるリアクションタッチと、サポートまでを意識した7対7のゲームと2種類を行いました。ダンボールやオーバーの姿勢等には課題もありますが、今日は、そこは目をつぶり、決められた戦術ではなく、プレーの原則を実行できるかを見ていました。まずは、前進しやすい場所にボールを運べているか?そして仲間をサポートできるか?大きいいうと、この2点です。まだ、改善の余地はありますが、ポジションも決まっていない即席チームながら、みんな良いプレーを見せてくれました。まだ改善点はあるので9月からも、コツコツ、指導させてもらいます。

1、キックダッシュ
2、ストレッチ
3、4対4リアクションタッチ
4、6対6サポートゲーム
5、ストレッチ


メインコーチ 川合
アシステントコーチ ロイ 須方
いいね!した人  |  リブログ(0)