第18節 ヴァンフォーレ甲府 vs 東京ヴェルディ | ICI C'EST VERDY(緑)

第18節 ヴァンフォーレ甲府 vs 東京ヴェルディ

2019明治安田生命J2リーグ 第18節

 

2019年6月15日(土)、18:00

山梨中銀スタジアム

 

ヴァンフォーレ甲府 0-2 東京ヴェルディ

 

スタメン

GK 21 上福元直人

DF 2 若狭大志、17 李栄直、5 平智広

19 小池純輝、6 井上潮音、4 藤本寛也、24 奈良輪雄太

、38 梶川諒太、9 佐藤優平 

FW 11 林陵平 

 

 交代

後半26分、林陵平 → 18 端戸仁

後半32分、佐藤 → 20 山本理仁

後半43分、梶川 → 15 安在達弥 

 

ベンチ

 1 柴崎貴広、8 内田達也、27 ネマニャ・コイッチ、30 ヴァウメルソン

 

 

得点、前半32分

若狭大志!移籍2年目のヴェルディ初ゴール!

左CK佐藤優平、選手交代でのマークミスからフリーでニアに走り込んだ若狭がバックヘッドで逆サイドに決める!

 

 

得点、後半7分

梶川諒太!2年ぶりのゴール!

相手DFからGKへのバックパスにプレッシャーかける佐藤優平、雨もあってGKトラップが流れたところを梶川ワンタッチで押し込む!

 

 

 

上位相手に勝ち点3!

3連敗阻止!

 

連続失点10試合でストップ!

ネガティブなことに目が行きがちだけど、11試合連続得点中!

 

第6節柏レイソル戦以来2度目の完封勝利!

 

 

前節まで2試合連続前半で3失点のヴェルディは3-4-2-1みたいな3バック、守りは5-4-1の布陣に変更。

余裕で漏れるなら非公開練習の意味は…。

 

並びや形を変えたってピンチは多く、ミスや後ろの頑張りでなんとか。

 

これまで中盤3センターは入れ替わりOKといえ基本は潮音アンカーだったので、今回潮音はより攻守に貢献できる形。

ダブルホランチの相方は、U-20W杯帰りのカンヤ。

 

近藤直也欠場で、キャプテンマークは北朝鮮代表のアツい男リ・ヨンジ。

アームバンドを巻くことで責任感が増し余計な文句を言わなくなればさらに大成功。

 

 

 

ゴールは2つともミスを逃さず。

 

前からのアグレッシブなプレスがようやくハマった。

あんな直接的に決まるとは思わなかったけど。

 

ただ!これまでと変わらずボールホルダーに2人でいってかわされる場面が見られて、下手さは相変わらず。

必死に頑張った勝利とはいえ、ヴェルディ強いぞとは思わず。

 

甲府さんもヴェルディになら勝てると思ったでしょ?。ありがとう助かった。手抜きではないだろうけど。ヴェルディが上回ったかな。

 

 

とりあえず、ひと安心。

チームを心配してというより、負けるとすぐ監督批判が出ちゃうのでね。

 

近場のアウェイで、ヴェルディくんやオフィシャルカメラマンも。

なんかカッコいい写真。

 

 

第4審判の田中玲匡は田中亜土夢のお兄さん。

 

 

次はホームで大宮アルディージャ戦。というより高木琢也戦。厄介だ。

 

 

 

 

 

2019プレナスなでしこリーグカップ1部 Aグループ 第6節

 

2019年6月15日(土)、17:00

長野Uスタジアム

 

AC長野パルセイロ・レディース 1-5 日テレ・ベレーザ

 

 

なでしこジャパンと怪我人で10人以上不在のベレーザが下部組織メニーナ選手や若手の成長で快勝!

 

キャプテン田中美南ハットトリック!

宮澤ひなたのミドルはゴラッソ!

 

失点シーンはGK西村が目の前の相手DFにパスをする酷いものだけどドンマイ。

 

 

6月15日で清水梨紗23歳、誕生日おめでとう!

 

 

美人サイドバックはルックスだけじゃなく、スピードとスタミナの走力に、なにより直向きで真面目な姿勢が魅力です。

 

長谷川唯と一緒に an・an web に登場。

なでしこ・長谷川唯と清水梨紗の本音「かわいいと言われるのは…」

 

 

 

 

 

その他の試合

 

J1、第15節

 

サンフレッチェ広島 2-0 湘南ベルマーレ

ドウグラス・ヴィエイラのシーズン4点目はPKでACLと同じく今回は左に蹴ってて、ヴェルディでずっと右に蹴ってたのは上で蹴るときのためだったんだな。吉野恭平フル出場、柴崎晃誠途中出場、井林章メンバー外。

 

鹿島アントラーズ 2-0 セレッソ大阪

三竿健斗と安西幸輝フル出場。

高木俊幸は途中出場。

ロティーナ監督はヴェルディ監督就任時に幸輝に「ヴェルディに残ってくれ」と頼んだり、鹿島移籍の時には「もう上でやった方がいい」とアドバイスしたとか。

 

大分トリニータ 1-1 名古屋グランパス

高木駿(89年)と三竿雄斗(91年)と島川俊郎(12)がフル出場、ポープ・ウィリアム(94年/13-15)と刀根亮輔(12-13)がベンチ。

前田直輝(94年/12二種-14)は途中出場。

 

 

J3、第12節

 

SC相模原 1-0 ガンバ大阪U-23

富澤清太郎と小田島怜がフル出場。決勝点はガンバ育ちの39歳稲本潤一ヘッド!

 

 

AC長野パルセイロ 0-1 ザスパクサツ群馬

キャプテン窪田良が途中出場で約3か月ぶりの復帰。