セミナーの案内: 生田倫子先生の「グレゴリー・ベイトソンを語る」 | ルーシー・わんのブログ

ルーシー・わんのブログ

僕がこれまで読んだ本の中で、印象に残った本、読んで良かったと思える本、影響を受けた本の紹介を中心に書いていきたいと思います。


テーマ:

セミナーの案内: 


生田倫子先生の「グレゴリー・ベイトソンを語る」



 ベイトソンの軌跡人生とその理論を大胆に、詳しく 



http://solutiontalk.jp/2012/0909/

家族療法・ブリーフセラピーの歴史は、知的巨匠グレゴリー・ベイトソン(人類学者)と天才臨床家ミルトン・エリクソンの出会いから始まります。ベイトソンの理論は極めて重要であるにも関わらず、伝えることの難しさからきちんと学べる場が少なく、多くの臨床家は理論から導き出された「ハウツー」しか学べていません。今回は、もともと社会心理学を研究されていた生田倫子先生をお招きして、その概観に触れていきます。

日 時
2012
99() 1015分~1630分 1000分より受付開始

内 容
1.
ベイトソンの人生、その軌跡
2.
ベイトソンの理論を一言で
3.
ベイトソンの理論
  (1) サイバネティックス
  (2) 論理階梯
  (3) マインドとは何か
  (4) ダブルバインドセオリー
  (5) 学習理論

講 師
生田倫子先生
神奈川県立保健福祉大学社会福祉学部専任講師。教育学博士、臨床心理士。日本ブリーフセラピー協会理事長。総合情報サイト【家族心理_com】編集長。スクールカウンセラー、児童養護施設のコンサルタントとして教育と臨床の両立を目指している。

<著書>
ブリーフセラピーで切り抜ける対人トラブル即解決力/日総研
事例で学ぶ家族療法・短期療法・物語療法/金子書房
学校臨床ヒント集-スクールプロブレムバスターになる/金剛出版
脱学習のブリーフセラピー/金子書房
ブリーフセラピーの登龍門/アルテ出版
現代のエスプリ臨床の語用論/至文堂
臨床心理学入門辞典/至文堂
児童心理-親と教師の信頼関係づくり/金子書房
教師のためのブリーフセラピー/アルテ出版

会 場
月島区民館/洋室5 東京都中央区月島2-8-11 http://g.co/maps/hqnc7

定 員
50
名程度(申込み順)

参加費
4,000
円 819日までにお申込みの方/以降は5,000円となります

主 催
NPO
法人 日本ソリューショントーク協会
ブリーフセラピー研究会

参加を希望される方は次のURLからお申し込みください
http://solutiontalk.jp/2012/0909/

ルーシー・わんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス