イントロダクション

ウェブアプリ開発のフレームワークとして、ウェブアプリを構築する際に非常に役に立つでしょう。しかし、このことを成立する前提があります。それは、使用者はRailsを解決する問題をよく理解し、どうやって解決するかをきちんと分からなければなりません。

 

残念なことは、最も多いのガイドの内容は、どうして、それともどうやってRailsをするのかより、Railsをなにしたのかに集中しています。そのようなガイドは役に立つの場合は、開発者がやりたいことはガイドと全く一致するのみです。Railsを活用し、あらゆる課題を解決したいことはほぼ不可能でしょう。

 

私はこのガイドを書く目的は、他のガイドと違って、Railsのできることを全て示すことがなく、その代わりに、Railsのないウェブアプリの世界への旅です。この旅を通じて、読者はなぜフレームワークが存在し、フレームワークなしでウェブアプリを開発する際の痛みを実感することができます。そうすると、Railsのコンベンションを学習する時、それらの背景と理由を既に理解したので、私たちは戸惑いことがないでしょう。

 

話を短くすると、私は開発者がフレームワークを利用する前に、フレームワークなしでウェブ開発のことを理解すべきだと思います。

 

もしあなたはRailsに興味があり、あるいは試したことがあり、魔法だらけを感しているなら、このシリーズはおすすめです。同時に、このシリーズは復習のいい材料になるため、熟練者にとってもメリットがあると思います。

 

このシリーズを理解するの前置き知識は以下通りです。

 

The Command Line
Ruby
OO Ruby
HTTP
SQL
Basic HTML

 

このシリーズの読み方:

 

内容は大きく二つ分けています。

 

1Railsの魔法を解明する。

2Rails のコア コンベンションズ。

 

1の内容は、できるだけRailsのコンベンションを使用せず、シンプルなブログアプリを書くことを通してウェブアプリの基礎を直面し、Railsを軽減しようとする痛みを実感します。

 

後半は、私たちはRailsのコンベンションを利用して、もう一回ブログアプリを開発します。そうすると、前半が得られた知識の理解を一層に上がります。

 

しかしもっと大切なことは、Railsはただの開発ツールではありません。そのコンベンションにより、ウェブアプリの組織構造と実行方法という考え方をウェブ開発者に提供しました。真のパワーは、フレームワークのメカニズムとその原因を良く理解し、ただ使用するではなく、開発者のリクエストに応じて適応することができます。

 

このシリーズを読み終わった際、あなたがRailsの最も重要なコンベンションズを理解できます。しかしもっと肝心なのは、あなたがそれらは存在する理由と原因をわかりになっています。もしあなたはそのことも納得なら、このシリーズを読み続きしましょう。

 

次のステップを踏む前に、HTTPのことについて少し復習します。