じゃあね

テーマ:

最終章宣言をしてからここまでくるのに

結局1年近くかかってしまいました。



ダラダラと続けてしまってごめんなさい。




この記事を最後に、このブログも最終回です。





あっという間の2年間でした。

皆さんとお話しすることで、

浮気や不倫という問題の、様々な面に気づくことができました。

ありがとうございます。



そして、たくさんのコメントやメッセージ、ありがとうございました。


“気持ちが楽になりました”

“もう卒業できそうです”

“いろんなことがバカバカしくなりました”


そんな言葉をいただくたびに、笑顔になりました。




まだまだ渦中におられる方。

ご主人は戻ってきたけれど、なんだかスッキリしていない方。


まだ苦しい思いをしている皆さんにも、

いつか笑顔が戻りますように。





とりあえず、このブログはしばらく残しておきます(いつか、全消しするか、本編だけ消すかもしれません)。


読みたい記事があったら、またお越しください。


嫁子ねーさんも、ayameねーさんもここにいます。





今までありがとうございました。


皆さんのご多幸をお祈りして。

































とか、しめっぽいこと言ってんじゃねーよ。





いいか?


なんで浮気したの?

どうしてこんなことしたの?!

私の何がいけなかったの??!!!


なんでなんで どうしてどうして なんでどうして どうしてなんで


んなもん追及したって納得のいく答えなんて出てこねぇから。




今日もあの人の好きな花を飾って待っています。

私の願いが届く日が必ず来ると信じています。

私の気持ちを彼がわかっていないはずはありません。

彼も苦しい思いを抱えているに違いありません。



気持ち悪ぃんだよ。



なんでそんなことしたのか、

ヤツらが何を考えているのかなんて、

ヤツらにしか分かんねんだよ。




あの人の好きな花を飾ったって、
「なんだこりゃ?」って言われたり

私の願いなんて全然届いていなかったり、

私の気持ちなんぞ旦那がわかっているはずもなかったり。





誰のための、なんの思いですか?



「こーであってほしい」という願望を

「信じている」という乙女みたいな言葉にのせて語ってみる。



他者のことなんて、結局はわからないんです。

「信じている」なんて、こちら側が抱く勝手な期待でしかないんです。






貴女たちの意思が全てです。

貴女たちにしか決めることのできないことばかりなんです。

貴女たちの気の持ちようで、あっちにもこっちにも転ぶんです。






夫を責め続けたりラリったり憎悪でドロンドロンになったりしていることは

いったい誰の役に立っていますか?

何かプラスになることを呼び込んでいますか?




そして、いつまで

「夫のせいで」

「夫が浮気をしたせいで」

と、ヒトのせいにしていれば気が済みますか?





貴女の人生です。

貴女の気持ちにも言葉にも、

責任があるのは貴女自身です。

自分の感情や行動を誰かのせいにし続けないでください。









最後に、皆さんへ宿題です。




“過去” を “過去” にしてください。


夫のやったことは過去の出来事だったと思えるようになってください。



そしてそのためにも、


まだ渦中にいる方は


訪れてもいない未来を妄想して泣くのをヤメてください。




そしてできれば。

サッサと、このカテゴリからいなくなってください。









全てのサレ妻の皆さんが、


このカテゴリと無縁になりますように。




願っています。









一度卒業したら、もう二度と、ここには戻ってくんじゃねーぞ。





じゃあな。





AD

今までも、何度か書いてきました。


私がこのブログを始めるきっかけになったのは、

サレラリ状態の方のブログをいくつか読んだことです。





ハッキリ言います。



気持ち悪いです。



ごめんなさいね。


同じ『サレ妻』という立場の人間ではありますが、

全然まったく、同病相憐れめません。




誰が名づけたんだか知りませんが、言い得て妙ですね。

まさに “ラリった状態” という表現が本当にピッタリときます。





ラリったってイイことなんていっこもありゃしませんよ。

ラリったところで旦那は戻ってきません。

ラリればラリるほど、貴女の心が細くなっていくだけです。


そしてそんな状態を引きずったまま、

旦那を取り戻した、または旦那が浮気をヤメて帰ってきた、

なんてことになれば、んなもん、さらにまた気持ちの悪いことになるんですよ。




「夫は私と一緒にいたいと思っているのだろうか」

「彼女のことは忘れたのだろうか」

「私の気持ちはちゃんと届いているのだろうか」


知らねぇっつぅの。





「もう一度、夫とともにスタートラインに立つところから始まるのです」

「この辛さを背負ったまま生きていく覚悟です」

「この悲しみは一生消えることはありません」


暗いんだよ。





「私の苦しみを、彼もちゃんと感じてくれていると思います」

「彼の哀しみは私の哀しみでもあります」

「主人も、自分のしたことの罪の重さに押し潰されそうなのだと思います」


昼ドラかいな。






いつまで経っても悲壮感バリバリなオーラしか発しない妻を見ている夫はどう思うのかしら?

何を感じるのかしら?と思ってしまいます。






あまりダラダラと書いても同じことを繰り返すだけなのでここらでヤメておきます。




私が伝えたいことは、ブログ本編の嫁子ねーさんが体現してくれているし、

その後の記事を書いているayameねーさんがさんざん解説してくれています。










最後に、この記事のタイトルを私に授けてくださったニコさん、ありがとう。







次回、最後のご挨拶を書いて、このブログの最終回にしたいと思います。





AD

『浮気をしているくせにちゃんと帰宅する夫の心理』

とか、

『離婚したいと言うのに、子どもの誕生日を祝うのはなぜ?』

とか。


このブログへ辿り着いた方たちの検索ワードです。




夫は浮気をしているけれど、

でもこんなことをする(言う)ということは

本当は離婚する気なんてないんじゃないか?



離婚したいとは言うものの、

実はオンナに踊らされているだけで

本心では私たちと一緒にいたいのではないか。

その証拠に、家にも帰ってくるし

子どものことだって可愛がってくれているじゃないか。




安心したいですよね。

ご主人の態度や言葉などから、

ご主人の行動(浮気)との矛盾点を見つけ出したら安心できる。


それはそれでかまわないと思います。

貴女が元気になるためなら。





でも、その矛盾点を探し続けているだけでは

『まったく終わらない夫の浮気』に直面したときに貴女の心が崩れます。



夫の浮気の事実からなんとかして目を逸らそうと、

夫の行動や言動から矛盾点を探し出す。

でも、ふと『夫の浮気』という事実と目が合う。





「どうして?いつもちゃんと家には帰って来てたじゃない!?」


「なんで?子どもの誕生日、一緒に祝ってくれたじゃないの!!?」






貴女が常に探している “矛盾” は、

本当に役に立っていますか?





AD